トレンドと戦うことを選択する無謀なトレーダー

目安時間:約 5分
トレンドと戦うことを選択する無謀なトレーダー

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ジェイク・バーンスタインによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

----------------------------------------

 

  トレンドと戦うよりも、
 マーケットの流れに同調するほうが
 ずっと簡単である。

 

 (ジェイク・バーンスタイン)

 

----------------------------------------

 

 

 

上がっているんだから買いを狙い
下がっているんだから売りを狙う。

 

 

これは、とても当たり前の
狙い方だとは思いませんか?

 

 

でも、相場参加者の多くは

上がっているんだから、そろそろ下げる。
下がっているんだから、そろそろ上げる。

 

 

そのように考えてしまう人のほうが
実は多いのです。

 

 

もっと相場でよくある事例は

 

ずっと上昇してきて
レジスタンスラインが近づいてきたから
そろそろ売りだな。

 

ずっと下落してきて
サポートラインが近づいてきたから
そろそろ買いだな。

 

 

そういうことを言う人が多いのです。

 

 

ずっと上昇してきて
レジスタンスラインが近づいてきたなら

 

そろそろ売りではなく、一部を利食いなら
もっともな意見だとは思うのですが、、、。

 

 

レジスタンスラインが近づいて売ることも
サポートラインが近づいて買うことも
マーケットの流れには反する行為です。

 

 

レジスタンスに上昇を抑えられて
その次の2番天井を確認してからでも

 

サポートに下落が支えられて
その次の2番底を確認してからでも

遅いなどということは決してありません。

 

 

なにもトレンドの出発点、
つまりは相場の天底を狙わなくても
稼げるトレードは十分に可能なわけです。

 

 

トレンドと戦うことを選択する無謀な挑戦者が
相場の世界で生き残り続けた歴史はありません。

 

 

多勢に無勢の勝負を挑むのではなく
常にマーケットの流れに同調することを目指した方が
断然に簡単で勝ちやすいのが相場の世界だということです。

 

 

あなたの仕掛けはいかがでしょうか?

 

 

流れに同調した仕掛け方をしているのでしょうか?

 

 

それとも、常に流れに反するような
仕掛け方をしているのでしょうか?

 

 

負けよりも勝つことのほうが多いですか?

 

 

もし、負けることのほうが多かったり
勝つ時の利益よりも、負ける時の損失のほうが
大きいということであれば、、、

 

それは、改善が必要だという合図なのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順