ウォール街の格言

目安時間:約 5分
ウォール街の格言

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ウォール街の格言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 強気相場ではロングだけを考えてトレードする。

 

 弱気相場ではショートだけを考えてトレードする。

 

 (ウォール街の格言)

 

---------------------------------------------------

 

 

強気相場ではロングだけ、弱気相場ではショートだけ、

なぜその言葉がウォール街の格言になっているのか?

 

 

ウォール街の格言は、ある意味で当たり前すぎる格言

 

これから紹介するウォール街の格言を見て
多くのトレーダーは当たり前すぎる格言だと
きっと思うことでしょう。

 

 

でも、その当たり前すぎることが
今の時代にも大切な格言として
伝え続けられているということは

 

いかに多くの相場参加者が
格言通りの姿勢でトレードが出来ないのかを
裏付けている証拠にもなります。

 

 

FXは値頃感でトレードするな!

 

あなたのトレーディングはいかがでしょうか?

 

 

これだけ値が上がったんだから
そろそろ値は下がるだろう。

 

 

これだけ値が下がったんだから
そろそろ値は上がるだろう。

 

 

そのような姿勢で常に相場にのぞんでいる人は
実際には非常にたくさん存在しています。

 

 

そういう人たちに言いたいことは

 

値が上がる理由がなければ値は上がらないし
値が下がる理由がなければ値は下がらない

 

ということです。

 

 

つまり、

 

強い理由があるから上昇をして
弱い理由があるから下落をした

 

ということです。

 

 

基本的には相場は常に
そのようなメカニズムで動いています。

 

 

なぜ上昇しているのか? なぜ下落しているのか?

 

なお、

 

ここで基本的にという言葉を用いたのは
例外的な値動きがあるからです。

 

 

相場には、

「噂で買って事実で売る」
という言葉もあるのですが

 

要するに

実態を伴わない上昇や下落が
少なからずあるからです。

 

 

ただし、あくまでも基本的には

強い理由があるから上昇をして
弱い理由があるから下落をしているのです。

 

 

だから、常に相場を
あまのじゃく的な見方で見るのではなく

 

強気相場では買いのチャンスだけを狙う
弱気相場では売りのチャンスだけを狙う

 

 

いままだ安定した結果を
あなたが得られていないのであれば

 

まずはその基本的なことを意識して
日々のトレードに励むようにしてください。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------
 109通りのFXのお悩み・問題点にすべて回答「FXの事典109」が今なら無料・・・
------------------------------------------------------------------------------------------

FXの「お悩み」「問題点」を今すぐ解消|FXの事典109|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

 

【期間限定】総額43,600円以上の5つのFX教材を無料でプレゼント!

【完全無料】レポート&教材のWプレゼントキャンペーン実施中!|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【少人数限定】成果保証付き

たった1日であなたを勝ち組トレーダーに育成する1DayオンラインZoomコンサルティング|FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部
 

あなたを【たった1日だけ】の
オンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちら

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【過去記事】投稿日順