トレード回数を減らすことで勝ちやすくなる理由

目安時間:約 5分
トレード回数を減らすことで勝ちやすくなる理由

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ジャック・D・シュワッガーによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

------------------------------------------------

 

 多くのトレーダーによって犯される間違いは、
 小さな市場のブレをとらえようと必死になって
 大きなトレンドを逃してしまうことである。

 

 彼らは、多くの手数料とスリッページを
 支払うだけに終わってしまう。

 

 (ジャック・D・シュワッガー)

 

------------------------------------------------

 

 

 

今はほとんどのFX業者では
取引手数料は無料になっています。

 

 

ですが、買い値と売り値の差の
スプレッドが存在をしています。

 

 

買い値と売り値に差があるので
ポジションを建てた瞬間は

 

必ずそのスプレッド分だけマイナスから
ポジションがスタートすることになります。

 

 

このスプレッドですが、国内業者では
メジャーな通貨ペア、日本円絡みの
通貨ペアではかなり狭くなっております。

 

 

そして、スリッページは昔も今もあります。

 

 

スリッページとは決めた価格で約定せずに
少しずれた価格で注文が成立することです。

 

 

このスリッページが発生しやすいことを
約定(やくじょう)率が悪いと言います。

 

 

スプレッドが狭くなっても
約定率が悪く滑りやすい業者が存在をします。

 

 

FX業者のシステムはもちろん
業者側の有利になるように組まれています。

 

 

損切りをするためのストップ(逆指値)注文は
頻繁にすべって約定をされますが、

 

利益確定をするためのリミット(指値)注文は
すべることはなくピッタリ約定することも多いです。

 

 

仕掛けるごとにそのようなコスト(費用)が掛かりますが
このコストで収益が圧迫されている短期トレーダーは
とても多く存在をしています。

 

 

思うように資金を増やせていない人は
一度、ご自身の収益に対するトレードコスト率を
ぜひ計算してみてください。

 

 

きっと驚くべき高い比率で
ビックリ仰天されると思います。

 

 

トレードは仕掛ければ仕掛けるほど
トレードコスト的には不利になります。

 

 

これをちょうどよい機会ととらえて
なかなか資金を増やせていない人は
なるべく無駄な仕掛けは回避する。

 

 

そのように、あなた自身の
トレードのスタイルというものを
じっくりと再検討してみてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング 

あなたを【たった1日だけ】のオンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【期間限定募集】成果保証付き

たった1日であなたを勝ち組トレーダーに育成する1DayオンラインZoomコンサルティング|FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部
 

あなたを【たった1日だけ】の
オンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちら

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順