わずか2%のトレーダーだけが勝てる理由

目安時間:約 5分
わずか2%のトレーダーだけが勝てる理由

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ウィリアム・オニールによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 我々のセミナーに参加する投資家の98パーセントは、
 新高値で買うことをためらうという結果がでている。

 

 しかし、高過ぎると思われるものがさらに上がり、
 安過ぎると思うものがさらに下がるというのは、
 市場における大きなパラドックスだ。

 

 (ウイリアム・オニール)

 

-------------------------------------------------------

 

 

 

パラドックスという言葉は、
一見真理に反するようで、でも実は
一種の真理を表していることや、

 

逆に一見正しくないようでも、実際には
真理をついている様子を意味します。

 

 

よく多くの市場参加者は、次のようなことを口にします。

 

 

「こんなに上がったんだから、そろそろ下がるだろう。」

 

「こんなに下がったんだから、今が買い時だよ。」

 

 

ですが、じっくりと考えて頂きたいことがあります。

 

 

それは、

 

「なぜそこまで上がっているのか?」

「なぜそこまで下がっているのか?」

 

ということです。

 

 

当然にして、相場を上昇させた理由が無ければ
そこまで上昇することは無かったわけです。

 

 

そして、相場を下落させた理由が無ければ
そこまで下落することは無かったわけです。

 

 

下落を支持する力よりも上昇を支持する力のほうが
大きかったから相場は上昇したわけです。

 

 

上昇を支持する力よりも下落を支持する力のほうが
大きかったから相場は下落したわけです。

 

 

つまり、そのような相場のエネルギーが
一方向に強く傾いている時に

 

安易に反対方向への仕掛けを考えるということは
相場の理にかなっていない考え方だと言わざるを得ません。

 

 

相場には常に需要と供給がありますが
強い方に値動きが進んでいるわけですね。

 

 

ですから、今日の格言から考えれば
相場参加者の98%が強い値動きの継続性を
信じることができないということです。

 

 

つまり、わずか2%のトレーダーだけが
強い値動きに従う選択ができるということであって
それが勝てる理由のひとつにもなっているということです。

 

 

もちろん、逆張り的なトレードを
頭ごなしに否定するわけではありませんが

 

チャートを見る目にまだまだ自信が無いのであれば
素直に相場の流れに沿ったトレードを
まずは心掛けるようにしてみてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング 

あなたを【たった1日だけ】のオンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【期間限定募集】成果保証付き

たった1日であなたを勝ち組トレーダーに育成する1DayオンラインZoomコンサルティング|FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部
 

あなたを【たった1日だけ】の
オンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちら

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順