愚かなトレーダーは含み損に耐える選択をする

目安時間:約 5分
愚かなトレーダーは含み損に耐える選択をする

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ゲーリー・ビールフェルドによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------------------

 

 もしトレードがしっくりいかなかったら、
 手じまって小さな損を出すんだ。

 

 (ゲーリー・ビールフェルド)

 

-------------------------------------------

 

 

 

負けを許容できずに、小さな損失ですら、
忌み嫌い避けたがるトレーダーがたくさんいます。

 

 

負けを許容することができないために
遥か彼方へ損切りを遠ざけてしまったり

 

最悪の場合では、損切りのための
ストップ注文を設定しない人もいます。

 

 

ですが、大きな含み損は百害あって一利なしです。

 

 

FXトレードでは、
ポジションを維持保有するためには
証拠金が必要になってきます。

 

 

つまり、含み損を大きく抱えたポジションを
そのまま維持しておくためにも証拠金は必要です。

 

 

含み損のポジションを維持するために
その証拠金が拘束されていれば、

 

たとえ他の通貨ペアでチャンス相場が訪れても
証拠金不足でエントリーできないかもしれません。

 

 

また、仮に損切りを置かずに
300pipsの含み損に耐えて、その後に値が戻ってきて
収支ゼロのトントンで決済できたとしましょう。

 

 

その場合は、損失を計上しなくて
良かったとあなたはきっと思うでしょう。

 

 

ですが仮に、50pipsの含み損の時点で損切りをして
その後に下がったところで買いエントリーできれば

 

50pipsの値幅を稼いで収支ゼロにするのは
そう難しいことではありません。

 

 

そればかりか、収益を
得ることだって十分に可能になるのです。

 

 

300pipsの含み損に耐えて
その後に収支ゼロのところまで
値が戻ってきたということを考えてみてください。

 

 

含み損から値が戻るまでの往復で
合計すれば600pipsもの値幅での
値動きがあったということになります。

 

 

その間、損失を計上したくないがために
ストレスを抱えながら祈るような気持ちで
ポジションを維持し続けるのか。

 

 

それとも、しっくりいかないポジションに
さっさと見切りをつけてしまい
新たなトレードを仕掛けていくのか。

 

 

効率の良いトレードは、
当然、後者のトレードです。

 

 

トレードで勝つために大切なことは
いかに損失を出さないかではなくて、
いかに損失を小さく抑えることができるか、です。

 

 

その点はぜひ誤解のないようにしてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順