トレードを繰り返すほど損する理由

目安時間:約 5分
トレードを繰り返すほど損する理由

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、エドウィン・ルフェーベルによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

------------------------------------------

 

 絶えず間違ったことをする、
 実に愚かな者どもはどこにでもいる。

 

 しかし、ウォール街の愚か者どもは
 絶えずトレードしていなければならない

 と考えている。

 

 (エドウィン・ルフェーブル)

 

------------------------------------------

 

 

 

「ポジションを持っていなければ

儲かるものも儲からないよ。」

 

 

そういうことを語るトレーダーは
とても多いのですが、それは裏を返せば
次のことが言えるのです。

 

 

「ポジションを持っていなければ

少なくとも損をする可能性は無くなる。」

 

 

FXトレードでは、常に買値と売値での差があり
その差であるスプレッドがFX業者の利益になっています。

 

 

ですから、ポジションを建てたときの損益は
必ずスプレッド分のマイナスで始まることになります。

 

 

最低限でも、その分の値動きがなければ
プラスにはならないことになるので

 

トレード回数が多ければ多いほど、

合計したスプレッド分の値幅を稼がなければ
プラス収益になることはないということになります。

 

 

しっかりとご自身のトレード履歴を記録して
トレード回数を把握することができていれば

 

そのスプレッド分の合計が
どれだけの値幅になるのかを容易に
計算をすることが可能になります。

 

 

仮に0.5pipsのスプレッドがある通貨ペアを
一か月20回トレードしたのであれば

 

年間では0.5pips × 20回 × 12か月で
120pips分の値幅を稼いで始めて
収支はトントンになる計算です。

 

 

でも、これはあくまでの机上の計算であって
実際にはここに約定時のスリッページも絡んできますから
更に値幅を得なければ収支トントンにはなりません。

 

 

これはひとつの通貨ペアをトレードした場合ですが
実際は複数の通貨ペアでトレードを繰り返している人も
トレーダーの中にはたくさんいるものです。

 

 

このコスト分をしっかりと稼ぎ出してからではないと
利益を生み出すことはできないわけですから
コストを安易に考えない方がよいというわけです。

 

 

短い時間足のトレードになればなるほど、
取引回数は増える傾向にあります。

 

 

ですから、その分だけ得なければならない
トレードコスト分が必然的に大きくなっていくわけです。

 

 

なぜか、なかなか利益を上げられていないという人は
一度しっかりとご自身のトレードの実績を

 

そのような細かい部分まで数値化をして
分析をしてみてください。

 

 

そこに利益を得ることができない要因が
隠されている状態なのかもしれませんので。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが「家族のために」「会社のために」毎日がんばっているのに成功しているという状態ではないのだとしたら、このプレゼンテーションを最後までご覧ください。あなたの人生は動画を見終えた瞬間から、「成功」という状態へ向かって大きく好転することになります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順