テクニカル分析の先駆者

目安時間:約 6分
テクニカル分析の先駆者

多くの人は
リチャード・D・ワイコフのことは
あまりご存知ないのかもしれません。

 

 

でも、僕は非常にたくさんのことを
リチャード・D・ワイコフの書籍から
学んできました。

 

 

ワイコフ氏は19世紀末から20世紀初めに
アメリカで活躍した株式トレーダーです。

 

 

そして、

 

投資コンサルタントやジャーナリストでもあり
「マガジン・オブ・ウォールストリート」という
専門雑誌を創刊したのもワイコフ氏でした。

 

 

まさに、トレーダーでありながら
投資の啓蒙活動を行っていたということは
まさに僕が追い求めている理想像です。

 

 

 

-------------------------------------------------------

 

 「普通の所帯持ちの男だったら
  どこかに行ってピストル自殺をするほどの損を、
  私は何回か出している。」

 

 この発言は、どんな投機家も
 常に正しいわけではないという格言の
 ひとつの例証にすぎない。

 

 (リチャード・D・ワイコフ)

 

-------------------------------------------------------

 

 

 

ワイコフ氏と同時代を生きたトレーダーは
ダウ理論で有名なチャールズ・ダウや
伝説の相場師ジェシー・リバモアなどがいます。

 

 

ワイコフ氏は、
それらの著名な方々と同様な
テクニカル分析の先駆者のひとりですね。

 

 

でも、そのワイコフ氏でさえ
今日の格言として紹介しているように

 

どんな投機家も常に正しいわけではない

と発言をしています。

 

 

当然、多くのトレーダーは
常に正しい判断ができるようにと
いろいろとトレード法を学んでいます。

 

 

でも、どれだけ学ぼうが経験しようが
100%の確率で正しい判断をすることは
不可能だとまずは受け入れるべきです。

 

 

そして、正しいか正しくないかではなく
優位性が高いのか低いのかという視点で
判断ができるようになるべきですね。

 

 

優位性が高い相場であっても
思惑通りに動いてくれない時も
当然にして相場では起こり得ます。

 

 

そういう場面では、
判断が正しくなかったのではなく

 

優位性が低いほうに
ただ相場が動いただけです。

 

 

つまり、

 

勝てたから正しかったわけでもなく
負けたから正しくなかったということでもない
ということです。

 

 

優位性が高いものを
選択し続けることが正しいことなのです。

 

 

それで負けてしまったとしても
それはそれで正しい判断です。

 

 

たまたま、その時の相場が
優位性の低い方向に動いただけなのです。

 

 

ご自身のトレードに対して
いつも勝った負けたの結果だけで
正しい正しくないを判断している人。

 

 

そのような方は、いま一度

ご自身のトレードの成否の判断基準が

 

何に基づいているのかをしっかりと
ご認することは大切なことだというわけです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順