大衆から抜け出す唯一の手段

目安時間:約 10分
大衆から抜け出す唯一の手段

今から引用紹介する格言の原文では、
通貨ペアという表記の部分は
株という単語で表記をされています。

 

 

ですから、株と表記されている部分を
通貨ペアに置き換えて引用していることを
あらかじめ申し上げておきます。

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 三人の男がウォール街にやってきた。

 

 最初の男はどの通貨ペアを買うのが
 一番いいか知っていた。

 

 次にやってきた男は
 なぜその通貨ペアがいいか知っていた。

 

 最後の男はその両方とも知らなかったが、
 いつ買ったらいいかは知っていた。

 

 最後の男が最も多くのお金を稼いだ。

 

 (リチャード・D・ワイコフ)

 

--------------------------------------------------

 

 

 

さて、この格言が伝えたい真意とは
一体どのようなものだとあなたは思いますか?

 

 

どの通貨ペアを買うのが
一番いいかを知っていたら
多くの人はその通貨ペアを買うでしょう。

 

 

なぜその通貨ペアがいいかを知っていたら

やはり多くの人はその通貨ペアを買うでしょう。

 

 

でも、それでは大金を稼ぐことは
難しいことになります。

 

 

その理由ですが

 

市場にそのような材料が
出尽くした状態に近くなればなるほど
報道は過熱しやすくなるからです。

 

 

ニュースというものは
何かが起きた後で報じられるものであって
報じられた時点で既に過去の出来事なのです。

 

 

つまり、どの通貨ペアを買うのが一番いいか、
なぜその通貨ペアがいいかを知っている状態とは

 

その他の相場参加者が動いた後に
それらの情報を得た状態にすぎないのです。

 

 

本当に儲けているトレーダーとは
もうその時には仕掛けは完了しています。

 

 

それが格言で表現されているところの

「いつ買ったらいいかは知っていた」

という部分です。

 

 

他人の意見や相場のニュースを見て
己のポジションに不安を持つトレーダーは
相場には溢れ返っています。

 

 

でも、勝ち組トレーダーは
そのような意見やニュースに
翻弄されることはありません。

 

 

それならば、ニュースや報道なんて
この世から消えてなくなればいいと
思う人もいるのかもしれません。

 

 

でも、それが消えてなくなることは
今後も絶対にあり得ないことでしょう。

 

 

なぜなら多くの人たちの会話そのものが
ニュースや報道で成り立っているからです。

 

 

毎朝、新聞に目を通す人は多いですし
ネットでニュースを目にする人も多いです。

 

 

そして、そのようなニュースを報じることで
生計を立てている人がたくさんいるわけです。

 

 

人間は過去から学ぶ習性が身に備わっています。

 

 

学校教育でも歴史を学び
入社してからは会社の歴史を知り
日常では日々の報道に興味津々です。

 

 

ですから、未来指向で計画を持つ人は少なく
夢や目標さえあやふやな人で
溢れ返っている世の中です。

 

 

十年前に何があったのかを思い出せても
十年後の自分の姿が想像できない人のほうが
圧倒的に多いのです。

 

 

トレードに関して言えば
過去の値動きからお金を稼ぐことはできません。

 

 

これから未来の値動きからしか
お金を稼ぎ出すことはできないのです。

 

 

ですから、何を買えばいいのか、
なぜそれを買うのがいいのかを知らずとも

 

いつ買ったらいいのかというタイミングを
知る者だけがお金を稼ぐことができるのです。

 

 

つまり、過去を見てばかりで
トレードを仕掛けようとしてばかりいるから
大衆は大衆から抜け出せないでいるのです。

 

 

金融市場にはアナリストもたくさんいますし
先生と呼ばれるような人たちもいます。

 

 

そのような人たちの予測するものは
これからの相場のただの憶測にしかすぎず

 

的確なタイミングについてを
詳細に語っているわけではありません。

 

 

その理由は、彼らはトレーダーではなく
アナリストだからです。

 

 

トレーダーは的確な
マーケットタイミングを知らなければ
勝ち続けることはできません。

 

 

でもアナリストは
タイミングを知らなくても
お金を稼いでいくことはできるのです。

 

 

なぜなら、彼らは

トレードで収益を上げているのではなく
予測をすることにより利益を得ているからです。

 

 

今日の格言に含まれる真意とは
以上述べたことですが

 

なかなか理解し難いことかもしれません。

 

 

ですから、以下のポイントには
今後はくれぐれもご注意ください。

 

 

いろいろなファンダメンタル情報を得て
アナリストの分析記事などを盛んに読んでいても
なかなか思うように勝てない人。

 

 

特にそのような人は、
アナリシス・パラリシスに
陥っている可能性が非常に高いです。

 

 

アナリシス・パラリシスとは
分析による麻痺状態にあることです。

 

 

このアナリシス・パラリシスを
克服するための唯一の手段は

不必要な情報を遮断することです。

 

 

不必要な情報を求めれば求めるほど
それはあなたをただ惑わすだけの
材料にしかならないのです。

 

 

ですから無駄な情報を削ぎ落して
そして、マーケットタイミングを
図ることだけに一点集中することです。

 

 

もちろん、そのためには相場を知り

スキルを身に備えていなければ
とても難しいことにはなります。

 

 

もししっかりとしたスキルを
あなたが身に備えたいというのであれば

 

以下のリンクより弊社の無料メルマガに

ご登録されることを心からお勧めします。

 

 

期間限定で無料プレゼントをしている

総額43,600円+プライスレスなFX教材を

まずはしっかり学んで実践してみてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順