FXはいくら損するのか分からないから怖いと思っている人へ

目安時間:約 5分
FXはいくら損するのか分からないから怖いと思っている人へ

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ラリー・ハイトによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

----------------------------

 

 報酬は計量化できないが、

 リスクは計量化できる

 というのは真実なんだ。

 

 (ラリー・ハイト)

 

----------------------------

 

 

 

敢えて計量化という言葉の意味を
説明することはないかもしれませんが
数量を用いて表すことを意味します。

 

 

つまり、計量化という言葉よりも
定量化という言葉を用いたほうが
理解がしやすいのではないでしょうか。

 

 

我々が相場から得られる利益は
相場次第なところがあります。

 

 

つまり、いくら欲しいと願いはしても
相場の値動きによっては願いを実現することが
できないことは往々にしてあるということです。

 

 

でも、背負うリスクは仕掛ける前から
計量化(定量化)することができるのです。

 

 

あらかじめ損しても許せる金額を

決めて相場に臨めばいいだけです。

 

 

損失は1万円までとか、2万円までとか
リスクを計量化してトレードに挑むのです。

 

 

つまり、損失になっても許せる金額を
あらかじめ決めてからトレードを仕掛けるのです。

 

 

損失になっても許せる金額のことを
トレードの世界では「損失許容量」と言います。

 

 

もちろん、損失許容量を決めていても
それが守られなければ意味はありません。

 

 

1回ごとの仕掛けに対してだけではなく
最大で許容できる範囲のドローダウン率も
決めてしまえば何も怖れることはありません。

 

 

ドローダウンとは最大資産からの下落率のことです。

 

 

そのように、日や週の中での決めた
最大ドローダウン率までで損失を抑えてしまえば
過剰にトレードを繰り返すこともありません。

 

 

損失は計量化(定量化)するからこそ
損失を怖れる気持ちが薄らいでいくのです。

 

 

FXはいくら損するか分からないから怖い。

 

 

そのようなことを口にする人もいますが、
ここで述べたように損失はあらかじめ自分自身で
決めてトレードに挑むことができるのです。

 

 

勝つときばかりのことを考えるのではなく
まずは最大のリスク許容範囲を明確にして
損失は必ず限定することを徹底してください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】本当にあった「魔法のメガネ」…の物語

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
弊社はキャッシュレス消費者還元制度への加盟登録事業者です

キャッシュレスで5%相当額還元

弊社は経済産業省より認可を受けて
2019年12月13日~適用しています

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順