値動きの真実

目安時間:約 5分
値動きの真実

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ジョッシュ・リュークマンによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------------------

 

 市場の現在の価格は

 その時点でその市場に参加している

 トレーダー全員の考えと認識を表す。

 

 直近の価格はその時点で
 自分の認識に基づいて行動している
 大衆の感情的合意を示す。

 

 価格変動は、間違っていようがいまいが
 プレーヤー全員の解釈を表している。

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

-------------------------------------------

 

 

 

相場の値動きは多数決の原理で
買いが厚ければ上昇をして
売りが厚ければ下落をします。

 

 

誰かひとりだけの思惑で
動いているわけではありません。

 

 

BISの3年ごとの調査の取りまとめでは
2016年のデータでは、外国為替取引高は
1日平均で約560兆円となっております。

 

※ BIS = 国際決済銀行
※1ドル=110円で計算

 

 

ちなみに、東証一部・二部、マザーズ、JASDAQ、
TOKYO PRO Marketにおける普通株式及びETF・ETN/REIT等の
立会内及び立会外の一日平均売買代金は約3兆円です。

 

 

つまり、株式市場の1年間の
売買代金までには及びませんが

 

そのくらいの取引額と近いだけの取引を

外国為替取引では、ほぼ1日で
達成してしまっているということです。

 

 

もちろん、そのすべてが
我々トレーダーによる投機的な取引ではなく
実需を伴う取引を含んでのことです。

 

 

それらの市場参加者の総意として
直近の価格が決められており、
そして常に変動をしていきます。

 

 

つまり、何を言いたいのかと言うと
「目の前の値動きだけが真実」だということです。

 

 

ですから、現在の価格が高いとか安いとかは
自分ひとりで決めるものではありません。

 

 

すなわち、下手な先入観は
捨てたほうが賢明だということです。

 

 

値頃感ではなく、しっかりとテクニカル分析をして
買いが厚そうならば買い、売りが厚そうならば売り、
分からなければ仕掛けない。

 

 

そのような姿勢がとても重要だというわけですね。

 

 

ぜひ意識をして取り組んでみてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順