スキャルピングやデイトレードでは勝てない理由

目安時間:約 5分
スキャルピングやデイトレードでは勝てない理由

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ジョッシュ・リュークマンによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------

 

 CNBCの報道によれば、

 

 デイトレーダーの大半が
 トレーディングを始めて

 6か月以内に破綻する。

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

-------------------------------

 

 

 

CNBCとはニュース通信社ダウ・ジョーンズと
アメリカの大手テレビネットワークのひとつ NBCが
共同設立したニュース専門放送局のことです。

 

 

その事実から考えると、もしあなたがデイトレーダーで

トレードを始めてから6か月以上相場で生き残っていたら
それはとてもすごいことだということです。

 

 

時間足が短いトレードになればなるほど
狙う値幅や損切りまでの値幅は小さくなります。

 

 

ですが、その分だけポジションサイズは
大きくなりトレード回数も多くなります。

 

 

でも、トレードするためのコストである
スプレッドやスリッページは短い時間足だろうが
その分だけ小さくなるわけではないのです。

 

 

数か月間もポジションを保有し続けるような
トレードの1回の仕掛けであっても

 

仕掛けから決済までがわずかに数分間だけの
スキャルピングトレードの1回の仕掛けであっても

スプレッドやスリッページは同じだけ掛かってしまうのです。

 

 

つまり、300pipsの値幅を狙うトレードであろろうが
わずかに10pipsだけの値幅を狙うトレードであろうが

 

1回分のトレードのスプレッドやスリッページは
同じだけコストとしてのし掛かってくるということです。

 

 

ですから、それらの1回ごとのトレードによる
利食いや損切り幅に対する経費率として見れば

 

値幅が小さい分だけ短い時間足でのトレードのほうが
比率的には圧倒的に大きくなってしまうことになります。

 

 

仮にスプレッドとスリッページを合わせて
1回の売買に要したコストが0.5pipsだったとするなら

 

300pipsの結果に対する経費率はわずかに0.0017%ですが
10pipsの結果に対する経費率は5%にもなってしまうのです。

 

 

しかも、300pips値幅を狙うトレードに対して
10pipsを狙うトレードではトレード回数は比較になりません。

 

 

巷ではスキャルピングやデイトレードが
特に初心者トレーダーには好まれる傾向にあります。

 

 

ですが、経費率は以上に高いというデメリットを
まずはしっかりと考慮した上で日々のトレードに
励むようにしてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【メルマガ新規登録特典】タダで何がもらえるか?2分の動画で説明してます!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

目次【掲載カテゴリー一覧】

43,600円の教材が今だけ0円↓
「5つ+1のFX教材」無料プレゼント|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部:若尾 裕二

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【過去記事】投稿日順
【メルマガ】稼ぎ方の情報解禁
「5つ+1のFX教材」無料プレゼント|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部:若尾 裕二