Add friend

相場は確実には見通せない

目安時間:約 5分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

今日は短い一文ながらも
マーケットの真実を如実に表現している
秀逸な言葉を紹介します。

 

 

この言葉はアル・ブルック氏の言葉ですが

とても深い言葉です。

 

 

 

-------------------------------------------------------

 

 マーケットではすべてがグレーの霧のなかにある。

 

 (アル・ブルックス)

 

-------------------------------------------------------

 

 

 

先を読もうとすればするほど
霧にさえぎられて見通しがきかず

 

近くなればなるほど見えやすくはなるけど
それでもハッキリと見通せるわけではない。

 

 

まさに相場とはその通りです。

 

 

つい先日のことですが、
弊社の個別指導コンサルティングの無料相談で

お客様からある質問をされました。

 

 

「若尾さんのトレードの勝率ってどのくらいですか?」

 

 

その質問に対して
「65%~70%くらいです」と答えると
とてもビックリされていました。

 

 

「えっ? そんなもんなんですか?」

 

 

過去にも同じようなご質問を
何度も頂いてきたことがありますが

 

そういう質問をしてくる方は答えを聞くと
同じように驚かれます。

 

 

どうやら、

 

専業トレーダーやプロのトレーダーは
負けることがほとんどないと
思っているようです。

 

 

でも、負ける時は負けます。

 

 

その他の相場参加者よりも
相場の優位性を見極める目は確かでも
10回仕掛けても平均して3~4回は負けます。

 

 

ただ勝つだけなら簡単なんです。

 

 

リスクリワードなど完全に無視して
少しでも利益が乗ったところで
決済してしまえば良いだけですからね。

 

 

でも、そのやり方を継続しても
資金が増えていくことはありません。

 

 

だから、利益が十分に乗らないトレードでは
負けを自ら受け入れることがあるわけです。

 

 

いくら相場経験が長くても
やはり少なからず見通しには
霧がかかっています。

 

 

霧がまったくかかっていない状態とは

1分後の為替レートや1時間後の為替レートを

 

寸分違わずにピタリ値で言い当てられる!

そのような状態だと言えるでしょう。

 

 

特に初心者に近ければ近い人ほど
トレードで負けを自ら受け入れる行為は苦手です。

 

 

でも、だからと言って

 

小勝ちをただ積み重ねるだけでは

トレードに時間を注ぎ込んでいるだけで
資金のほうは増えていくことはありません。

 

 

品位に欠けた表現で恐縮ですが、
それは「タダ働き」をしていることと
まったく同じことです。

 

 

トレードをやっている目的が
お金を増やすことであるならば

 

そのような方は己の稼ぎ方について
いま一度しっかりと戦略をお立て直しください。

 

 


Add friend

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

LINE@登録でFX教材無料プレゼント|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順