トレードで勝つために必要なヒントとは?

目安時間:約 5分
トレードで勝つために必要なヒントとは?

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

この記事では、ジャック・D・シュワッガーによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------------------

 

 市場のすべての動きの中から
 利を得ようとすることは、

 

 雨の中を濡れないように
 通り抜けようとするようなものである。

 

 (ジャック・D・シュワッガー)

 

--------------------------------------------

 

 

 

雨が降っているのに傘を持たなければ
濡れてしまいますが、トレードもまた然りです。

 

 

値が下落をしてきているのにストップを置かなければ
大きな損失を被ってしまうことになりかねません。

 

 

どしゃぶりの雨の中を傘もささずに歩いたり
じきに止むから大丈夫だと飛び出していく人さえいます。

 

 

そのような行為をトレードに置き換えるなら
大きく下落してきているのにストップも置かずに

 

ただ値頃感だけを頼りにして
買いでポジションを建てるような行為です。

 

 

その行為は相場の現状など関係なしに
自分の思惑だけを信じているだけの危険な
行為であることだと言わざるを得ないのです。

 

 

トレードにおいて、そういう姿勢でのぞむ人は
時間の問題だけで、いずれは100%の絶対確率で
間違いなく破綻をしてしまうことになるでしょう。

 

 

まず、トレードで大切なことは
目の前で起きていることだけが真実だということを
しっかりと肝に銘じることです。

 

 

そして、そろそろ上がるとか、そろそろ下がるとか
根拠を持たない思惑だけでの判断を排除すべきです。

 

 

考えているように動かないからこそ
多くの相場参加者が勝てていないのです。

 

 

考えているように動いてくれるなら
今頃は相場参加者の大半は勝ち組トレーダーに
なれているはずなのです。

 

 

でも、現実は勝ち組はほんのわずかな少数派だけで
圧倒的多数の相場参加者は負け組なのです。

 

 

雨の中を濡れないように
通り抜けようとすることは不可能です。

 

 

ですから、雨ではないときを狙うしかありません。

 

 

つまり、市場のすべての動きの中から
利を得ようとする必要はないということです。

 

 

分かりやすく優位性が極めて高いと思う時だけ
トレードを仕掛ければ負けにくくなります。

 

 

すなわち、あなたが勝つために必要なヒントは
トレード回数を減らす努力をするということです。

 

 

ぜひ、今後はそのようなトレードを

心掛けるようにして頂きたいと願います。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング 

あなたを【たった1日だけ】のオンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【期間限定募集】成果保証付き

たった1日であなたを勝ち組トレーダーに育成する1DayオンラインZoomコンサルティング|FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部
 

あなたを【たった1日だけ】の
オンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちら

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順