ある著名なトレーダーによる衝撃的な告白

目安時間:約 6分
ある著名なトレーダーによる衝撃的な告白

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

今日はマーク・ワインスタインによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------------

 

 そのトレードを始める前、

 僕の口座には150万ドル程あった。

 

 だから、毎日その10パーセント近く

 失っていたことになる。

 

 

 大ケガをして、塹壕の中で血を流しながら

 死ぬのを待っているような気分だった。

 

 相場は五日連続ストップ安して、

 60万ドル以上損してしまった。

 

 

 五日目、僕は公園に座って、

 そこで出会った少女の手をとり、

 膝の上に涙をこぼしてしまったのを覚えている。

 

 ほとんど精神病患者のようだった。

 

 

 そして、この仕事から足を洗おうと考えた。

 

 みんなが言っているように、

 これまでの数年間僕が儲け続けてこられたのは、

 単に運が良かっただけなのかもしれないと考え始めた。

 

 (マーク・ワインスタイン)

 

----------------------------------------------------------

 

 

 

最初は資金が増えたり減ったりを繰り返しながら
そのうちに順調に資金が増え始めてくると

誰もが「もう自分はだいじょうぶだ!」と考え始めます。

 

 

でも、そのような慢心が心に芽生え始めると
大抵はその後に決まって大きな損失を経験します。

 

 

今日の格言は、そのことを示した貴重な格言です。

 

 

そのような経験をしてしまった時に、
トレードの世界から逃げ出すのか
それとも踏みとどまってやり続けるのか。

 

 

それは、その後にトレーダーとして
大成できるかできないかの大きな分岐点になります。

 

 

僕自身も30年近いトレードの経験の中で
相場歴15年目にして大きく資金を減らす
経験をしてしまった過去があります。

 

 

具体的にはある業者に入金していた額の
96%をたった2回のトレードで失ってしまいました。

 

 

それは株式相場からFXに舞台を移した矢先のことで
慣れないレバレッジトレードで失敗をしてしまったのです。

 

 

その原因は完全なるオーバーポジションでした。

 

 

トレードには、知識やスキルだけでは
どうすることもできない領域が存在をしています。

 

 

その領域に足を踏み入れ続けるということは
まるで精神修行でもしているかのように
感じてしまう日々も多いものです。

 

 

喜びだけではなく、痛み、苦しみ、悩みは
トレードとは切っても切れない感情です。

 

 

そういうネガティブな面に対しての
耐性が求められる世界が相場なのです。

 

 

ですから、そこを乗り越えられる人間は
ビジネスやスポーツの世界と同様にごくわずかな
限られた人だけしかいないのです。

 

 

まずトレーダーとして大成したいのでしたら
トレードを繰り返して多くを経験することです。

 

 

ある日を境に突然にして
上手くいき始めることなどあり得ません。

 

 

ひたすら経験値を積み重ねるしかないのです。

 

 

つまり、経験に勝る知識はないということです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
弊社はキャッシュレス消費者還元制度への加盟登録事業者です

キャッシュレスで5%相当額還元

弊社は経済産業省より認可を受けて
2019年12月13日~適用しています

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順