「勝ち組の選択」と「負け組の選択」の明確な違い

目安時間:約 6分
「勝ち組の選択」と「負け組の選択」の明確な違い

--------------------------------------------------

 

 トレードについて最も考えたくない時、

 つまり損をしている時こそ、最もトレードに

 注意を集中しなければならない時。

 

 (リチャード・デニス)

 

--------------------------------------------------

 

 

 

「自暴自棄」とは失敗などが原因になって
やけくそになってしまうことを意味しますが
トレードにおいても頻繁にあることです。

 

 

損失のトレードが続いてしまうと
多くのトレーダーが自暴自棄になります。

 

 

損失分を早めに取り戻さなければ、という
強い気持ちを抱いてしまうのです。

 

 

そして、いつもよりもポジションサイズを
大きくして仕掛けてしまうのです。

 

 

いつもなら入らないところでも
強引にポジションを建ててしまうのです。

 

 

そして、そのような時に勝ってしまうと
同じ行動をその後にまた繰り返すのです。

 

 

ですが、偶然の勝ちは長続きはしません。

 

 

悪運の強さには確実性も継続性もないのです。

 

 

ですから、損失のトレードが続いてしまっても
絶対に自暴自棄にはなってはいけないのです。

 

 

そのような時にこそ最もトレードに
注意を払わなければいけないということです。

 

 

同じ「払う」でも、そういう時にこそ
どちらの「払う」を選択したほうが良いのかを
あなたはしっかりと選択しなければなりません。

 

 

つまり、あなたは「注意を払う」を選択するのか、
それとも「相場にお金を払う」を選択するのか、
そのどちらを選ぶのかということです。

 

 

「注意を払う」とは英語では「pay attention」です。

 

「お金を払う」とは英語では「pay money」です。

 

 

つまり、「注意」も「お金」も
「払う(pay)」ものであるなら
あなたはどちらを選択するのかということです。

 

 

弊社のコンサルティング会員様の
パソコンモニターにはそのことを書いた
付箋を全員に貼ってもらっています。

 

 

多くの人たちが勝つことを望んで
相場に参加をしているわけですが
相場参加者の多くが知識スキル偏重型です。

 

 

すなわち、精神的な部分を軽んじているのです。

 

 

いや、軽んじているわけではないのでしょうが
知識スキルを最重要事項として考えているのです。

 

 

これまでにも何度もお伝えしてきたことですが
知識やスキルはあなたの努力次第で
すぐにでも身に付けることは可能です。

 

 

ですが、知識スキルの修得と比較をすれば
精神的な部分の鍛錬は多くの時間を必要とします。

 

 

僕の記事ではスキルについては
あまり教えてはくれないということを
以前から意見してもらうこともあります。

 

 

でも、僕が記事で精神的な部分を
お伝えしているのは、それはお金を支払って
買えるものではないからです。

 

 

知識やスキルはお金で買うことができます。

 

 

なぜなら、トレードの書籍や教材は
今では世の中に溢れ返っているからです。

 

 

だから、僕はお金では買うことができない話を
ずっと記事でお伝えをしてきているのです。

 

 

知識スキルも当然大切なことではありますが

やはり土台となる大切な部分を疎かにしては

永続的な成長を望むことはできないのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
弊社はキャッシュレス消費者還元制度への加盟登録事業者です

キャッシュレスで5%相当額還元

弊社は経済産業省より認可を受けて
2019年12月13日~適用しています

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせはこちらから】

各種お問い合わせはこちらから

 

・弊社の販売教材に関してのご質問
・FXトレードに関しての無料相談
・教材販売パートナー募集に関して
・上記以外その他のお問い合わせ等

【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順