優れたトレーダーになろうとしている人への最高のアドバイス

目安時間:約 6分
優れたトレーダーになろうとしている人への最高のアドバイス

トレードにあるあるなことは
一度に仕掛けるポジションサイズを大きくして
大きな損失を生み出してしまうことです。

 

 

特にトレードを始めて慣れてきた頃に
そのような一か八かのマヌケな大勝負を
仕掛けてしまうのです。

 

 

 

---------------------------------------------------------------

 

 Q.優れたトレーダーになろうと
   努力している平凡な人々に対して、
   最高のアドバイスは何ですか。

 

 

  A.損切りを覚えなさい。

 

        金儲けで最も重要なことは
        手に余るほどの損を
        決して出さないことだ。

 

        もう一つ、

        資金が二倍、三倍と増えるまで
        ポジションのサイズを大きくしないこと。

 

        儲かり始めると、すぐに賭け金を
        大きくしてみんな失敗する。

 

        それが一文無しへの近道なのだ。

 

 

  (マーティ・シュワルツ)

 

----------------------------------------------------------------

 

 

 

トレードで一度大きな損失を味わうことは
決して悪いことではありません。

 

 

僕自身も過去に過剰ポジションという

マヌケな行為で一晩で96%の資金を

失ってしまったことがありました。

 

 

あなたも過去に大負けした経験を
きっとしてきたのではないでしょうか?

 

 

大きな損失を味わうことにより
恐怖というものを常に身近に感じることが
できるようになるのです。

 

 

頭の中で描いている恐怖と
実際に身に起きた恐怖とを比較すれば

それは当然にして恐怖の度合いは雲泥の差です。

 

 

つまり、

 

大きな痛みを経験することには

その後のトレードライフを
大きく変える種が含まれているのです。

 

 

種がなければ草木は存在せず
花を咲かせることもありません。

 

 

もちろん、あなた自身が
種にしっかりと水を与えて

花を咲かせるまでに育てなければなりません。

 

 

すなわち、大きな痛みを経験した後で
その痛みを活かせるのかどうかを決めるのは
あなた自身でしかないということです。

 

 

つい先日ツイッターで
サッカー日本代表の長友佑都選手が

 

「俺を走らせるガソリンは情熱。
 歳を重ねるたびに大きくなる情熱。」

 

というつぶやきをしていました。

 

 

情熱を傾けられないことには
大きな成果を生み出すことは
絶対にできないと僕も思っています。

 

 

何回失敗しようが、
うまくいかない日々が続こうが
それでも絶対にあきらめない。

 

 

つまり、

 

トレーダーとして成功するためにも

「打たれ強さ」という資質は
絶対に欠かせない資質なのです。

 

 

もしあなたの知り合いに
情熱も持たずに何かの分野で
成功している人がいれば教えてください。

 

 

そのような人が存在しているなら
僕の認識を根底から改めなければなりません。

 

 

「俺を走らせるガソリンは情熱。

歳を重ねるたびに大きくなる情熱。」

 

 

勝ち組になるためには

ぜひ情熱を心に抱えながら

日々のトレードに励むようにしてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順