簡単に成功した者は、その成功を継続できない

目安時間:約 5分
簡単に成功した者は、その成功を継続できない

YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

 

今日はデーブ・ランドリーによる

相場の格言をお届けします。

 

 

 

---------------------------------

 

 始めていきなり成功するのは

 失敗よりも有害であり得る。

 

 (デーブ・ランドリー)

 

---------------------------------

 

 

 

トレードを始めた頃の初期の体験は
とても重要なものであることに異論はないでしょう。

 

 

最初に買いで仕掛けて大きな利益を上げた人は
売ることよりも買うことが好きになる。

 

 

最初に売りで仕掛けて大きな利益を上げた人は
買うことよりも売ることが好きになる。

 

 

トレードを始めた初期の頃に損が切れなくて
大きな含み損を耐えしのいでしまった人は
その後も損切りをすることができなくなる。

 

 

始めたばかりで、まだ右も左も分からない状態の時に
お金を大きく増やすことができてしまった人は
その後にその金額以上の損失を経験してしまう。

 

 

他にもいろいろな事例が、まだまだあります。

 

 

つまり、最初の頃の上手くいった経験は
のちのちのトレードに悪影響を及ぼすことが
多くなってしまう傾向がとても強いということです。

 

 

人間、誰もが「天狗」になりやすいということです。

 

 

だから、これまでにトレードで
手痛い経験を積み重ねてきた人は
どうか悲観しすぎないようにしてください。

 

 

むしろ、最初から上手くいかなくて良かったのです。

 

 

転落人生よりは、這い上がる人生の方が堅実です。

 

 

あなたと同じような手痛い失敗を
経験をしてきた人は世の中にはたくさんいるのです。

 

 

もちろん僕もその中のひとりです。

 

 

最初から失敗を経験することができたのは
何物にも代えがたい貴重な経験です。

 

 

それでトレードをやめてしまえば
元も子もない経験で終わってしまいますが

 

トレードをやり続けていれば、
そのような経験は必ずその後に生きてきます。

 

 

要はどれだけ相場に打ちのめされても
相場の世界にしがみ続けること。

 

 

つまり、何が何でもトレードをやり続けることが
とても重要なことだということです。

 

 

あきらめたら、そこで終わりです。

 

 

あきらめずにやり続けるからこそ
しっかりと勝てる時が訪れるのです。

 

 

「失敗なんてどうってことないよ。」

 

 

そのくらいの気持ちが芽生えるまで
何回も何回も打ちのめされた者だけが強くなり
少数派だけの勝ち組トレーダーになれるのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【実話】どん底から成功するまでの物語

もしあなたが、「会社には頼らない生き方を模索している」なら、この動画を最後までご覧ください。でも、もしあなたが、今の人生に満足していて何も変える必要がなければ見る必要はありません。

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング

【期間限定募集】成果保証付き1Dayオンラインコンサルティング 

あなたを【たった1日だけ】のオンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
【期間限定募集】成果保証付き

たった1日であなたを勝ち組トレーダーに育成する1DayオンラインZoomコンサルティング|FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部
 

あなたを【たった1日だけ】の
オンラインコンサルティングで
必ず勝ち組トレーダーに育成します…
 

詳しくはこちら

【社会貢献】ご協力ください!

人気ブログランキング|FX手法・ロジック|YWCトレードロジック事業部
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順