「規律」と「守り」

目安時間:約 4分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

僕自身は相場経験28年ありますので
今までに過去の偉大なトレーダーの著書を
何十冊も読んできました。

 

 

そんな中で気が付いてきたことですが
どの偉大なトレーダーも必ず口にしている
重要な2つのキーワードがあります。

 

 

その2つのキーワードですが
ひとつは「規律」、そしてもうひとつが
守り」というキーワードです。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 本当に大変な時期には守りに徹してきた。

 守りの重要性を信じている。

 

 (マーティ・シュワルツ)

 

-----------------------------------------------

 

 

 

今まで相場で破綻したトレーダーは
なぜ破綻することになったと思いますか?

 

 

その理由はたったひとつしかありませんが
「守ること」に失敗したからです。

 

 

つまり、

 

「規律」に欠けた人や「守り」を疎かにしている人は
いずれ相場からは消えていくことになるということです。

 

 

規律とは、人の行為の基準として
定められたものです。

 

 

つまり、トレードにおいては
決めたことが守れないということです。

 

 

トレードルールを守れない人は
まさに規律に欠けている人だと言えます。

 

 

そして、守りを疎かにする人とは
資金に見合わないポジションサイズで
トレードを仕掛けている人。

 

 

優位性が低い状況でも
一か八かで勝負を仕掛けようとする人。

 

 

いずれ相場は戻るだろうと
大きな損失を耐え抜こうとする人。

 

 

そのようなトレーダーたちです。

 

 

トレードにおいては
「攻撃は最大の防御なり」という姿勢は
まったく通用しません。

 

 

トレードは「防御なくして勝利なし」です。

 

 

よく分からない相場で果敢に攻めたら
勝つ可能性はもちろんありますが
負ける可能性ももちろんあります。

 

 

でも、

手を出さなければ少なくとも
負けることはありません。

 

 

ポジポジ病の人が勝てないのは
そういう果敢なトレードばかりを
繰り返してしまうからです。

 

 

無駄な勝負で精神的にも
そして資金的にも疲弊してしまい
ここぞという時に勝負ができない。

 

 

いまもし思うような結果を
トレードで得られていないのであれば

 

まずは「守り」をしっかりと固めることを

意識しながらお取り組みください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順