実質的損失と精神的損失

目安時間:約 6分
実質的損失と精神的損失

この記事では2種類の損失についてお伝えします。

 

 

トレードを行ううえで、
損失のトレードは避けることが
できないものですが

 

トレードの損失には
2種類のものが存在します。

 

 

ひとつは実質的損失です。

 

 

これは実際にポジションを建てて
マイナス決済のトレードをした時に生じる
金銭的損失のことです。

 

 

できることなら100%勝てる手法で
金銭的損失は出したくないものでしょう。

 

 

ですが、

 

潔く損切りをすることができなければ
なかなか投資資金を増やしていくことは
できないものです。

 

 

あなた自身のこれまでのトレードで、
この実質的損失は十分に経験されているでしょうが
厄介なのは、もうひとつの損失です。

 

 

その厄介なもうひとつの損失とは、
精神的損失とも呼ばれるものです。

 

 

エントリーしようかしまいか迷った挙句、
結局はエントリーを控えた相場で

 

その後に勢いよく値動きが
進んでしまうようなことがあります。

 

 

そのような時に、

 

「しまった! エントーしておけば良かったのに...。

利益を取り損ねた!」

 

などと感じたことはあるのではないでしょうか?

 

 

早めに利益を確定してしまい、
その後も相場の値動きは進む一方で

 

「しまった! もう少し粘っておけば良かったのに…。」

 

と感じたこともあるでしょう。

 

 

これらの場合には金銭的な実質的損失を
被った訳ではありませんが

 

「利益を取り損ねた」という
精神的なダメージを受けるものです。

 

 

またその逆に、

 

損失を確定することを避けたがために
結局さらに損失を拡大させてしまったという経験も
何度かは経験したことはあるのではないでしょうか。

 

 

「しまった! あの時に損切りしとけば良かったのに...。」

 

 

この場合は、

 

最も最悪な損失のパターンで
実質的損失と精神的損失のダブルパンチを
食らってしまうことになります。

 

 

精神的損失は本当に厄介なもので
心を迷わせる原因となります。

 

 

決めたルールが守れなくなるのも
この精神的損失が影響する場合がほとんどです。

 

 

では、

 

この精神的損失を受けないためには
どのようにすればよいのでしょうか?

 

 

それはやはり、経験を積むことしかないでしょう。

 

 

トレードだけではなく、
すべてにおいて共通することですが
量稽古に勝るものはない。

 

 

僕はそう感じています。

 

 

トレードスキルを上達させるには
打たれ強くなる必要もあります。

 

 

だからといって、

積極的に負けて下さいとは言いませんが

 

「失敗からしか学べない!」ということも
往々にしてあることは肝に銘じて

 

損失のトレードからは、

決して逃げないようにして下さい。

 

 

そのように痛みを感じながらも
ひたすらトレードを繰り返すことでしか

 

勝ち続けられるトレーダーとして
成長していくことはできないものなのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順