FX相場と経済指標発表の関係性について

目安時間:約 5分
FX相場と経済指標発表の関係性について

日々世界のあらゆる国々では、さまざまな経済指標が発表されています。

 

 

それらの発表された経済指標の数値を見ることによって、投資家は各国の景気動向を判断することができます。

 

 

FXトレーダーの多くは、特に主要国の経済指標の発表には注目をしています。

 

※ FX = 外国為替証拠金取引

 

 

多くの初心者FXトレーダーは、発表された経済指標の数値が良ければ値が上がり、悪ければ値が下がると思っています。

 

 

ですが、実際の相場はそのように単純には動いてはくれません。

 

 

経済指標発表前の事前予想に対して実際の数値はどうだったのかということで、指標発表後に反応を示す場合がほとんどです。

 

 

つまり、経済指標発表前には事前予想を折り込んで相場は動いているものだと考えれば、上記の事実は納得しやすいかもしれません。

 

 

特に、ポジティブサプライズやネガティブサプライズと言われるほどに、事前予想値から実際の数値が掛け離れれば掛け離れるほどに、大きな値動きを見せることが多いものです。

 

 

すなわち、実際に発表された数値そのものがどうだったのかということではなく、事前予想と実際の結果を比較してどうだったのかということで相場は動く、と常に考える必要があります。

 

 

もっと端的に表現をすれば、注目をしなければいけないところは結果そのものではなく予想と事実の乖離具合だというわけです。

 

 

また、すべての経済指標に対して為替相場は反応を見せるわけではなく、ほとんど相場の値動きに影響を及ぼさないような経済指標も多いです。

 

 

FXでは今は、毎月第一金曜日に発表されるアメリカ雇用統計などは、指標発表後に非常に大きな値動きを示す場合が多いです。

 

 

そして、アメリカの経済指標に比べて、日本のほとんどの経済指標は、ほとんど相場の値動きに影響を及ぼすことはありません。

 

 

そして、経済指標発表以外にも、為替相場の値動きに強い影響を及ぼすものがあります。

 

 

それは、各国の政策金利発表や要人発言によって、大きな値動きを示すことが頻繁に起きています。

 

 

リーマンショック以降の頃は頻繁にありましたが、格付け機関の格下げニュースにも相場は大きな反応を示す場合が多いです。

 

 

もっともそれらは、いわゆるサプライズニュースなので、経済指標と同じようにトレーダーは、サプライズに対しては大きな反応を示すということが言えます。

 

 

なお、相場が急激な値動きを示す場合に、我々トレーダーが気を付けなければいけないことは、FX業者のスプレッドが普段よりも格段に大きく開く場合が多いということです。

 

 

そのような場合にはレートも不安定になり、最悪の場合には決済が約定しない事態が生じることもありますので、十分に気を付けておきたいところです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順