FX(外国為替証拠金取引)とは…?

目安時間:約 7分
初心者のための基礎講座/FXトレーダーブログ

海外旅行に出掛ける時は、旅行先で日本のお金のままでは買い物ができないところがほとんどです。

 

 

なので、旅行先現地の通貨に両替をしなくてはなりません。

 

 

たとえばアメリカに旅行するなら、銀行などに行って、日本の円という通貨をアメリカのドルという通貨に換えるということになります。

 

 

この通貨同士の交換が、実際のお金を直接的に交換することをしなくて、信用手段によって決済する方法のことを外国為替と言います。

 

 

信用手段とは、実際の現金の受け渡しを必要としないで決済が可能な手段のことです。

 

 

 

外国為替という言葉はテレビのニュースで聞いたこともあるでしょうし、新聞や雑誌などでも見掛けたことがありますよね?

 

 

FXという言葉も今では外国為替と同じように、よく聞いたり見たりするようになってきた言葉です。

 

 

ですが、「FXって何なの?」という問い掛けに対しては明確に答えられない人が多いのもまた事実でしょう。

 

 

 

FX(外国為替証拠金取引)とは、「直接的な現金をやり取りすることなしに、各国通貨同士の売り買いをオンライン上で行いながら利益を得ることを目的とした取引」のことなのです。

 

 

FXをまったく知らない人は、この文章だけではピンとこない人もいるでしょうから、身近な例を使ってもう少し具体的に説明してみますね。

 

 

例えば、旅行でハワイに行くときは、出発前に銀行などで円をドルに両替する必要があります。

 

 

ハワイに到着しても、円のままでは、すぐには買い物ができないお店がほとんどです。

 

 

ハワイ滞在中は、現地の通貨であるドルで買い物をすることがほとんどになりますが、旅行から日本に帰ってきたら、今度は使わずに残ったドルを、銀行などで円に両替することになります。

 

 

このように、実際の現金の受け渡しを伴うもので、円をドルに交換したり、ドルを円に交換することを「外貨両替」と言います。

 

 

そしてFX(外国為替証拠金取引)とは、この通貨同士の取引がベースとなっているのです。

 

 
インターネット回線を通じてオンライン上で取引をするために、FX取引業者にあらかじめ証拠金(保証金)を預け入れることによって、実際の現金の受け渡しを伴わない信用手段による「外国為替取引」が可能になるのです。

 

 

このように証拠金を預け入れて、通貨同士の取引をすることを、FX(外国為替証拠金取引)と言うわけですね。

 

 

 

一般的には、日本の円をアメリカのドルに交換することを「ドル買い円売り」と言い、その逆に、アメリカのドルを日本の円に交換することを「ドル売り円買い」と言います。

 

 

世界には日本の「円」以外にも、アメリカの「ドル」やヨーロッパ諸国の「ユーロ」、イギリスの「ポンド」、オーストラリアの「豪ドル」など各国ごとの通貨があります。

 

 

そして、世界の通貨の為替レートは一定ではなく、常に変動しているのです。

 

 

ちなみに為替レートとは、異なる通貨同士の交換比率のことです。

 

 

よくテレビのニュースなどで、「今日の午前の円相場は昨日より50銭円高で推移をしています」などと報道されるのは、為替レートは常に変動をしているからですね。

 

 

その変化する通貨の為替レートを利用しながら、為替差益を狙うのがFXなのです。

 

 

 

ninki1

 

 

ninki2
例えばドル/円(USD/JPY)の為替レートが「1ドル=100円」だとしたら、1ドルは100円と交換するということになります。

 

 

ドル/円(USD/JPY)の為替レートが「1ドル=120円」だとしたら、1ドルは120円と交換するということになります。

 

 

基本的には、ドルに対する需要のほうが大きければドルの価値が上がり、その結果ドルは上昇します。

 

 

そうなると、ドルに対する円の価値は下がることになりますので、円は下落することになります。

 

 

このように為替レートは、各国の経済情勢の変化まどの様々な要因を受けて、通貨の需要と供給の変化で常に変動しているのであり、この変動が「外国為替相場の値動き」となって、チャート上に表わされるのです。

 

 

 

uj0113

 

 

 

ちなみに上の図のように、実際の取引を行う場合には、買い値と売り値にはあらかじめ差額が生じています。

 

 

この場合は、1ドルを買うときは114.908円で買えますが、1ドルを売るときは114.905円で売れますということです。

 

 

つまり、最初から0.003円分の差額が生じているということですね。

 

 

この差額のことをスプレッドと言いますが、スプレッドはFX取引業者の利益の一部となっています。

 

 

なおFXの基本的な取引の流れは以下のようになりますので、どうぞ参考にして下さい。

 

 

 

risk1

 

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter