初心者や初級者におすすめのトレードスタイルは?

目安時間:約 5分
初心者や初級者におすすめのトレードスタイルは?

FX(外国為替証拠金取引)には、いろいろな稼ぎ方がありますし、さまざまなトレードスタイルがあります。

 

 

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、キャリートレード、ポジショントレードなどなど、いろいろなトレードスタイルがあります。

 

 

これらの各トレードスタイルによって、ポジションを保有する時間が大きく異なってきます。

 

 

最も短い時間でトレードの決着を付けるのはスキャルピングトレードであり、最も長い時間でポジションキープをするのはポジショントレードです。

 

 

相場にポジションを建てておく時間が短ければ短いほど、値幅の変動幅が少なくなるので、ポジションサイズを大きめにしてトレードをする場合が多くなります。

 

 

そして、相場にポジションを建てておく時間が長ければ長いほど、価格の変動幅は大きくなるので、ポジションサイズを小さめにしてトレードをしなければ、リスクが大きくなりすぎてしまう傾向にあります。

 

 

つまり、高度なトレードスキルを駆使して、大きめのポジションサイズでトレードを仕掛け、僅かな価格の変動幅を効率よく利益に換えていこうとするのか。

 

 

それとも、トレンドが発生している方向に向かって、小さめのポジションサイズでトレードを仕掛け、ある程度の時間を掛けて、比較的大きめな価格の変動幅を利益に換えていこうとするのか。

 

 

どのようなトレードスタイルでトレードを行うのかは、ご自身のトレードスキルやトレード経験値を考慮しなければなりません。

 

 

しかしながら、僕のこれまでの経験上では、時間軸が短いトレードになればなるほど、素早い判断力や相場観察力などが必要になってきますので、その分だけ高度なトレードスキルを要求されるものだと感じています。

 

 

そのようなことからも、初心者や初級者は、まずはポジションサイズを極端に小さく抑えて、日足でのスイングトレードから始めるのが良いと考えています。

 

 

FXでお金を稼ぐためには常にチャートを見ていなければいけないと思う方もいますが、決してそのようなことはございません。

 

 

スイングトレードは、数日から数週間にわたりポジションを保有するトレードスタイルですが、日足での判断であれば、日中仕事を持っているサラリーマンでも、一日に一回チャートを見ることさえできれば問題はないトレードスタイルになります。

 

 

スキャルピングやデイトレードのような、回転を利かしたトレードではなく、比較的ゆったりとした時間軸でのトレードになります。

 

 

一日の値動きが乱高下して、行ったり来たりを繰り返すような値動きだったとしても、終わってみれば高値切り上げ安値切り上げの上昇の値動きだったなんてことは、相場ではよくあるものです。

 

 

その乱高下するような値動きをリアルタイムで見ていると、特に初心者や初級者の場合は買ったり売ったりしたくなりがちですが、チャートをリアルタイムに見ていなければ、そのような値動きには惑わされずに済みます。

 

 

そういった点からも、まずは初心者や初級者には、ポジションサイズを小さく抑えたスイングトレードをお勧めします。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順