トレンドを判断する方法

目安時間:約 4分
トレンドを判断する方法

FX相場でトレンド状態にあることを判断するためには、レンジ相場を見抜くことが必要になってきます。

 

 

なぜならFX相場の値動きは、大別するとトレンド相場とレンジ相場の2種類に分類をすることができるからです。

 

 

以下のチャート画像をご覧ください。

 

 

トレンドを判断する方法

ドル円4時間足チャート 2018年9月30日現在

 

 

 

水色の丸印で囲った部分は、レンジ相場だと判断をすることができます。

 

 

でもこれは、過去のチャート画像を振り返っているからこそ容易に判断することができるのです。

 

 

レンジ相場だと判断をした水色の丸印で囲った値動きの後に、一方向に動く値動きを確認できるからこその判断だとも言えます。

 

 

つまり何が言いたいのかというと、実際にリアルタイムで動いている相場を目の前にしたら、チャート画像を後から振り返って判断するようなわけにはいかないということです。

 

 

先ほどの画像の右端には、比較的に値幅が広い陽線が確認できます。

 

 

でも、この先に値動きは上昇方向へのトレンド相場になるのか、下落方向へのトレンド相場になるのか、それともレンジ相場をこのまま継続していくのか。

 

 

あなたは現時点のチャート画像から、その判断を下すことはできますか?

 

 

多くの方々の答えは「No!」だと思います。

 

 

このように過去のチャートを振り返って、トレンド相場だったとか、レンジ相場だったなどと議論をすることは簡単なことです。

 

 

それは、答えを見ながらテストを回答するようなことと似たような行為だからです。

 

 

しかしながら、リアルタイムでトレンドなのか、レンジなのかを判断するためには、やはりコツをおさえなければなりません。

 

 

今回は特別に、「レンジ相場を見抜く方法」という動画教材を、期間限定で無料公開します。

 

 

レンジ相場を見抜くことができるということは、トレンド相場を判断できるということです。

 

 

なぜなら繰り返しになりますが、FX相場の値動きは大別すれば、そのどちらかの値動きに分類をすることができるからです。

 

 

動画では、レンジ相場を見抜くために3つの方法を詳しく解説をしていますので、公開終了になる前に、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順