レンジ相場とトレンド相場の見分け方

目安時間:約 3分
レンジ相場とトレンド相場の見分け方

相場の値動きは大別すると、レンジ相場とトレンド相場の2つに分類することができます。

 

 

でも、為替相場はレンジ7割トレンド3割とも言われているように、比率的にはレンジ相場のほうが圧倒的に多いです。

 

 

それでは、レンジ相場とトレンド相場は、どちらが利益を上げやすいのでしょうか?

 

 

僕が28年間相場を経験してきた中での回答は、「トレンド相場のほうが利益は上げやすい」という回答になります。

 

 

もちろん、レンジ相場でも稼げるやり方はありますが、やはり大きく稼ぐためにはトレンド相場を対象にトレードを仕掛けたいところです。

 

 

その理由は3つあります。

 

 

ひとつめの理由は、トレンド相場のほうが、利益の獲得値幅を大きく獲れるということ。

 

 

ふたつめの理由は、トレンド相場のほうが、トレードを仕掛ける回数を抑えられるということ。

 

 

そして3つめの理由は、トレンド相場のほうが積み増しのトレードで利益を最大化できることです。

 

 

でも、そのためには、レンジ相場とトレンド相場をしっかりと見極められる目が必要になってきます。

 

 

弊社では、「レンジ相場を見抜く方法」という動画を無料で公開しています。

 

 

レンジ相場を見抜くことができれば、トレンド相場と区別をすることが可能になります。

 

 

こちらの無料動画ですが、こちらのページにて更に詳しく解説をしていますので、ぜひ今すぐにご覧ください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 以前に、こちらのブログ記事では レンジ相場よりもトレンド相場のほうが […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
弊社はキャッシュレス消費者還元制度への加盟登録事業者です

キャッシュレスで5%相当額還元

弊社は経済産業省より認可を受けて
2019年12月13日~適用しています

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順