ボラティリティを確認するインジケーター

目安時間:約 5分
ボラティリティが低い相場での有効的な稼ぎ方

FXチャートはトレードにおいて、なくてはならないツールです。

 

 

FX業者では口座を開設すると、その業者が提供しているチャートソフトを無料で使えるようになります。

 

 

そして、そのチャートも日々確実に進化をしています。

 

 

でも、すべてのチャートに共通する基本的なことを初心者は見逃しがちです。

 

 

それはどのようなことかと言うと、実際のボラティリティと見た目のボラティリティは違うということです。

 

 

つまり、もう少しわかりやすくお伝えするなら、次のような感覚です。

 

 

・チャートでの見た目は大きなローソク足に見えるけど、実は値幅はそんなに大きくはない

 

 

・チャートでの見た目は小さなローソク足でほとんど動いていないように見えるけど、実は値幅は大きく動いていた

 

 

なぜ、このような感覚を受ける時があるのかと言うと、それはチャートには値幅自動調整機能というものがあるからです。

 

 

チャートの値幅自動調整機能とは、ボラティリティが大きい時はチャート全体を示す上下の値幅が広がります。

 

 

そして、ボラティリティが小さい時はチャート全体を示す上下の値幅も狭くなります。

 

 

すなわち、すべてのチャート全体の上下値幅は常に一定ではなくて、その時々のボラティリティによって自動で収縮するのです。

 

 

なお、ボラティリティとは変動する値幅のことで、値幅の変動が大きければ、ボラティリティが大きいとか、高いと言われます。

 

 

その反対に値幅の変動が小されば、ボラティリティが小さいとか、低いと言われます。

 

 

チャートにはそのような機能が搭載をされていますので、チャートのローソク足の見た目の大きさで判断すると危険だというわけです。

 

 

以下のチャートはMT4のドル円の15分足チャートですが、1枚目も2枚目も見た目はそう変わらないような印象ではないでしょうか?

 

 

ドル円1時間足チャート1枚目

 

 

ドル円1時間足チャート2枚目

 

 

 

でも、1枚目のチャート全体の値幅は約180pipsの値幅で表示をされていますが、2枚目のチャート全体の値幅は約950pipsの値幅で表示をされています。

 

 

だから、1本1本のローソク足の大きさがそんなに変わらないようには見えても、実際の値幅はまったく違うわけです。

 

 

つまり、チャートソフトが自動的にその時のボラティリティに合わせて自動調整をしてローソク足を表示しているから、このような現象が起きるのです。

 

 

安定したトレードを継続するためには、このボラティリティの確認は必要不可欠なことになります。

 

 

そして、ポジションを建てる際の損失管理にも大いに役立てることが可能になります。

 

 

文章でざっと説明をしましたが、以下の30分の無料動画でさらに詳しく説明をしていますので、どうぞご覧ください。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順