フィボナッチ分析を使ったトレード事例

目安時間:約 5分
フィボナッチ分析を使ったトレード事例

FXトレードでフィボナッチ分析を使ったトレード事例を動画にて収録しました。

 

 

物事には必ず「きっかけ」があります。

 

 

あなたがトレードを始めたのも、きっと何かしらの「きっかけ」があったはずです。

 

 

もちろん、僕自身もトレードを始めたきっかけがあります。

 

 

僕自身はこれまでに28年間のトレード経験がありますが、最初から順調に勝てていたわけではありません。

 

 

特に最初の頃は、なかなか自分自身のトレード法を確立できず、試行錯誤の連続の日々でした。

 

 

そのような状態が長く続いていたのですが、トレードを始めてから9年掛かって、やっと浮き沈みが少なく安定して資金を増やすことができるようになりました。

 

 

でも、そこから更にトレーダーとして大きく飛躍をできた「きっかけ」があります。

 

 

それは、2001年(平成13年)の出来事で、僕の人生を変えた一冊の書籍との出会いがありました。

 

2001年と言えば、9月11日に世界同時多発テロが起きた年です。

 

 

僕はテロが起こる3か月前の6月に、ロサンゼルス、アナハイム、ラスベガスに渡航をしていました。

 

 

その時にロサンゼルスにあるブックショップで、たまたま一冊の本を手に取りました。

 

 

それは、Robert C.Miner氏が執筆をした「Dynamic Trading」という書籍で、英語で執筆されたフィボナッチトレーディングに関する書籍でした。

 

 

僕は英語が堪能というわけではないのですが、ブックショップでなんとなく手にした書籍には、チャート事例が豊富に掲載されていて、そのチャート事例に大いに目を惹かれたわけです。

 

 

僕は少しも迷うことなく、その書籍を購入しました。

 

 

そして、日本に戻ってからは、辞書を片手にしながら書籍に書いてある内容を読み解いていきました。

 

 

それが僕のトレーダーとしての人生を大きく変えることになったフィボナッチトレーディングとの出会いでした。

 

 

それから経験に経験を重ねて、僕自身のフィボナッチトレーディングを究めていきました。

 

 

トレーダーの中にはフィボナッチを使ったトレーディングをオカルト的なものにすぎないと否定する派も存在しているのは事実です。

 

 

ですが、これまでに僕自身がフィボナッチを使ったトレーディングで、専業トレーダーとして大きく資金を増やしてきたことは紛れもない事実なのです。

 

 

そして、これまでにもそのフィボナッチトレーディングを個別指導してきましたが、結果を残す人をたくさん輩出してきました。

 

 

このフィボナッチを使ったトレード事例は以前から動画に収録をしていたのですが、今までは一部の方々だけにしか公開はしてきませんでした。

 

 

そちらの動画を期間限定で公開をすることにしました。

 

 

いつまで公開しているかは分かりませんので、どうぞ今すぐにご覧ください。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順