順張りと逆張りどっちが勝てる?

目安時間:約 4分
順張りと逆張りどっちが勝てる?|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

FXトレードの世界では、古くから現在に至るまで、

ずっと為替相場に参加をしているFXトレーダーたちが常に議論を続けていることがあります。

 

 

それは、

 

FXトレードにおいて勝ちやすいのは、順張りを狙ったトレードなのか、それとも逆張りを狙ったトレードなのか、

 

という議論です。

 

 

このことに関して僕から言わせてもらうのであれば、順張りと逆張りではどちらが勝ちやすいのかを議論する前に、

 

まず最初にやるべきことは、順張りとはどのようなトレードなのか、逆張りとはどのようなトレードなのかということを、しっかりと定義付けしなければいけない

 

ということをお伝えしたいです。

 

 

なぜなら、FX相場に参加している人たちは、トレードする通貨ペアが同じであっても、全員が同じ時間足でトレードをしているわけではありません。

 

 

5分足でトレードをしている人もいれば、1時間足でトレードをしている人もいるし、日足でトレードをしている人もいます。

 

 

その彼らが今すぐにトレードを仕掛けようとした時に、今エントリーをした場合は、

 

順張りでのエントリーなのか、それとも逆張りでのエントリーなのかという判断は、みなが同じ判断であるはずはないからです。

 

 

なぜ順張りか逆張りかの判断が異なるのかは、同じ通貨ペアでもそれぞれが見ているチャートの時間足が違うことによって、チャートの形はまるで違ったものに見えるために、その判断が大きく異なってくるのは当然のことだからです。

 

 

さらに、それぞれに順張りや逆張りの定義付けが異なっている場合がほとんどなので、定義付けが異なれば順張りか逆張りかの判断が異なってくるのは、さらにまた当然のことですね。

 

 

だからまずは、あなた自身が考える順張りと逆張りというものを、明確に区別が出来るように、しっかりと定義付けすることから始めましょう。

 

 

そして、あなたが定義付けをした順張りと逆張りのそれぞれのメリットとデメリットをしっかりと把握をすることもとても重要なことです。

 

 

なぜなら、当然にして多くのメリットがあって、デメリットがより少ないほうを選択したほうが、優位性の高いトレードにつながる可能性が大きくなるわけですからね。

 

 

まずは最低でも、以上のように順張りと逆張りの明確な定義付けと、そしてそれぞれのメリットとデメリットの把握が出来ていなければ、順張りと逆張りではどちらが勝てるのかという議論に参加をする資格はないと考えてください。

 

 

以上の点を踏まえて、参考までに弊社が有料で販売している「FX初心者や初級者は順張りと逆張りではどっちが勝てる?」という動画教材を、期間限定で無料公開します。

 

 

いつまで無料公開を続けるのか分かりませんので、ぜひお早めにご覧ください。

 

 

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter