ボラティリティが低い相場での有効的な稼ぎ方

 

ボラティリティが高い相場だけではなく、

ボラティリティが低い相場の時にも

同じようにしっかりと利益を上げたい。

 

そのようなトレーダーには必見の動画教材です!

 

 ボラティリティが低い相場時でも稼げるのが本物の勝ち組トレーダーです!

 

いつもありがとうございます。YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

つい先日、弊社有料サービス会員様より、以下のようなご質問を頂きました。

 

「今のようなボラティリティが大きな相場では利益も取りやすいのですが、昨年の春から夏にかけてのボラティリティの低い相場が間違いなくいつか来ると思うのですが、そんな時は休むも相場でトレードをやらないというのが一番かもしれません。

 

 でも私は専業でやっているので、いつまで続くか分からない低ボラティリティ相場を指をくわえて待っていることは、収入がないということなのでかなり不安になりそうです。

 

 そこで質問なのですが、低ボラティリティ相場のときでも、高ボラティリティ相場と同じように、それなりにしっかりと利益を取れる手法はありますか?

 

 よく見掛けるボリンジャーバンド+RSIの逆張りで検証してみましたが、なかなか上手くいきませんでした。」

 

 

FXを始めたばかりの人や経験が浅い人は、稼ぎたいという自分の都合だけで、ひたすらトレードを次から次へと繰り返す人がたくさんいます。

 

相場の都合などは一切おかまいなしに、どのような相場環境時にも、ただひたすらに稼ごうとしてトレードを繰り返しているのです。

 

ですが、相場はいつも同じような値動きをしているのではありません。

 

トレンドが発生して、大きく上昇する時もあれば、大きく下落する時もあります。

 

はたまたレンジ相場で、上がったり下がったりをひたすら繰り返すような横這い状態の時もあるのです。

 

チャートをパッと見れば、きれいなトレンドが発生している相場は見分けがつくと思いますし、上がったり下がったりを繰り返しているような横這いの値動きのレンジ相場も、多くのトレーダーは見分けがつくと思います。

 

しかし、相場の値動きはそれだけではありません。

 

ボラティリティ(値動きの変動幅)が大きい相場もあれば、小さい相場もあるのです。

 

このボラティリティが大きい相場と小さい相場の区別は、経験を積んでいないトレーダーは、なかなか区別をすることができません。

 

なぜならFXのチャートの値幅は、その時々のボラティリティによって、チャートの上下幅の範囲が自動的に調整をされているからです。

 

その時々のボラティリティによって、チャート全体の上下の値幅が10円幅で表示をされる時もあれば、3円幅で表示をされる時もあるのです。

 

これは過去のチャートをご覧頂ければ、すぐに理解ができることです。

 

チャートをパッと見て、きれいなトレンドが発生をしていると感じた時でも、実はボラティリティが低くて、たいした値幅は動いていないなどということはよくあることです。

 

その逆で、チャートをパッと見て、なんかちょっとしか動いていないなあなどと思っても、実はボラティリティが高くて、ちょっとだけではなく、かなり大きな値幅が動いていたなどという時もあるのです。

 

今では、FX業者のスプレッドは、全体的にボラティリティが高くなっている相場時でも、低くなっている相場時でも、ほぼ固定されている業者が多くなってきました。

 

つまり、ボラティリティが低い相場時でのトレードは、ポジションに対する経費率を考えると、トレーダーにとっては圧倒的に不利なトレードを強いられることになってしまうのです。

 

それでは今回ご質問を頂いた専業トレーダーの方が言うように、ボラティリティが低いからトレードを控えたほうが良いのでしょうか?

 

もちろん、チャンスがくるまで待つということは、トレードに向き合う姿勢としては間違いではありません。

 

ですが、ボラティリティが低い相場時でも、上昇トレンドや下落トレンドが発生することも頻繁にあるのですが、そのような時もあなたはトレードを控えたほうが良いと思いますか?

 

「ボラティリティが低い相場時でもチャンスがくれば積極的に仕掛けたい!」

 

もしあなたがそのように思っていて、ボラティリティが低い相場時でも利益をしっかりと確保したいというのでしたら、今回収録したこの動画をぜひご覧下さい。

 

31分00秒の動画でボラティリティが低い相場時での稼ぎ方を徹底解説

 

これから長きに渡って継続的に利益を出し続けていきたいと考えているのでしたら、この動画で説明をしていることを絶対に知っておくべきです。

 

知っておいたほうがいいではなく、知っておくべきなのです。

 

ぜひボラティリティが低い相場時でも、自己都合のトレードではなく、相場に合わせたトレードを常に心掛けて、どのような相場環境時にも稼げるトレーダーを目指して下さい!

 

「これからはボラティリティが低い相場時でも、チャンスがあれば積極的に仕掛けていくことができます!」

 

ぜひともこの動画を手に入れて、実際にその驚きと感激を味わって頂くことを、心より願っております。

 

なお、動画内では無料のチャートソフトであるMT4(メタトレーダー4)を使用しておりますが、MT4専用の特別なインジケーターを使用するわけではありません。

 

ですから、お使いのFX業者から無料で提供されるチャートソフトでも判断をして頂くことは十分に可能です。

手法・ロジック販売教材一覧|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

【サイト更新日】

Copyright (C) 2019 FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部公式サイト  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。