負け組の典型例「ネガティブ・スパイラル」

目安時間:約 9分
負け組の典型例「ネガティブ・スパイラル」

まだFXを始めたばかりの初心者と
歴戦のベテラントレーダーとでは
損失に対する意識はまるで異なります。

 

 

初心者はとにかく損失を嫌います。

 

 

少しでも含み損を
抱えてしまった状態になっただけで
いてもたってもいられなくなるのです。

 

 

そして含み損の状態が更にひどくなれば
心臓の鼓動はもっと激しくなり、心の中は
不安で不安でたまらなくなるのです。

 

 

 

-----------------------------------------

 

 損失を恐れると逆に
 損失を生み出してしまう。

 

 

 まだ少額のうちに

 損切りすることができず、

 

 損失を恐れるあまり
 素晴らしいトレーディング機会を
 見逃してしまう。

 

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

-----------------------------------------

 

 

 

小さな含み損の状態の時に
損切れずに見逃してしまえば
あとはひたすら運まかせで祈るだけです。

 

 

「早く値よ戻ってきてくれ」

 

 

そして値が戻ってくると

「よかった。俺は運がいい。 さすがに持っている!」

などと訳の分からない自己肯定をし始めるのです。

 

 

でも、よく考えて頂きたいことは、それは

本当に運が良かったと言えることでしょうか?

 

 

一度そのような命拾いした経験は
その後のトレードで同じことを
繰り返してしまう要因にもなります。

 

 

「今度も大丈夫。また助かるよ。」…と。

 

 

そして、同じ過ちを繰り返し続ければ
それはただ時間の問題だけで、いつの日にか
値が戻らない日が訪れてしまうのです。

 

 

ですから、本当に運が良いということは
最初の過ちで、こっぴどく痛い目を
見ることではないでしょうか?

 

 

過ちを二度と繰り返さないことを
心に誓うような痛すぎる経験をすることのほうが
運が良かったと言えるのではないでしょうか?

 

 

もちろん、この意見には賛否両論があるでしょう。

 

 

だから、僕は敢えてこの話を持ち出したのです。

 

 

僕があなたにお伝えしたかったことは

 

運が良かったと思うことも、
運が悪かったと思うことも、

それは表裏一体だということです。

 

 

つまり、考え方によって

 

運が良いと認識することもできるし
運が悪いと認識することもできる、

ということです。

 

 

世の中の大半の人たちは
身に降りかかった事実に対して

 

そのほとんどすべてを運が悪かったと
考えてしまう傾向にあります。

 

 

あいつのせいだ。

 

相場のせいだ。

 

不景気のせいだ。

 

 

でも残念ながら、そのように

 

正しいのは常に自分自身で
間違っているのは周りのせいだ、と

考えている人には成長はありません。

 

 

あなたはタビオという靴下屋さんを
ご存知でしょうか?

 

 

僕が生まれた1968年(昭和43年)に創業して、
現在では東証二部に上場をしている企業です。

 

 

現在では日本のみならず
中国、台湾、フランス、米国、英国に
280店舗を展開しています。

 

 

その会社の創業者の越智会長は
「靴下の神様」とも呼ばれている人ですが

 

以前にインタビュー動画で

非常に面白いお話を伺いました。

 

 

「なんでも不景気のせいにする人間は
そいつの頭の中が不景気なだけだ。」

 

 

つまり、不景気だからといっても
儲けている人もたくさんいるわけで

 

儲からない理由の言い訳として
不景気を理由にしているだけだというのです。

 

 

でもそのことはトレードにも
当てはまることですよね?

 

 

レンジ相場だから儲けられないとか、
あのニュースで損切りになったとか、

勝てない言い訳なんていくらでもあります。

 

 

でも、そういう相場でも勝てている人は
市場参加者の中にはたくさんいるわけです。

 

 

ですから、自分が損してしまったことは
相場やニュースのせいではないのです。

 

 

すべて己のせいです。

 

 

つまり、言い訳ばかりを探しているうちは
あなたが成長することはないということです。

 

 

あなたの周りにもいませんか?

 

 

何か失敗をした時には、
すぐに「でも…」という言い訳が、

 

なぜやっていないのかを問い質せば
すぐに「でも…」という言い訳が。

 

 

何でも「でも…」とすぐに言い訳を
口にする人は世の中に溢れ返っています。

 

 

何か悪いことの要因を自分ではなく
周囲に求めてしまう人は、

 

もう完全に「ネガティブ・スパイラル」な状態に
ハマり込んでしまっているのです。

 

 

言い訳したくなる気持ちをグっと堪えて
その原因は自分のせいではないのかと
まずは考える癖が必要です。

 

 

大切なことは、人の行動はすべて
考え方が支配をしているということです。

 

 

ですから、考え方というのは
どのような人生を歩んでいくにしても
とても大切な要素です。

 

 

良い考え方が出来るようなるためには

まずは上手くいかない原因については
すべて自分のせいだと考えてみることです。

 

 

すべてを周りのせいにしているうちは
何も変わることはないのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順