損失の恐怖を和らげる唯一の方法

目安時間:約 6分
損失の恐怖を和らげる唯一の方法

ポートフォリオとは、
全体のリスクを低減するために
投資対象を分散することです。

 

 

たとえば、FXの他に株式や先物などに
分散投資をするようなことです。

 

 

FXトレードしかやっていないのであれば

 

複数のロジックを使ってトレードをする
マルチロジックトレードや

 

複数の時間軸のトレードに分散をする
マルチタイムトレード。

 

 

更には、北米通貨、欧州通貨、
オセアニア通貨というふうに

 

通貨の地域性を考慮した
ポートフォリオを組むこともあります。

 

 

 

------------------------------------------------

 

 流動的な純資産の一部だけを使用し、
 ポートフォリオの約2%という
 ストップロスのリスク特性を守る。

 

 

 そのような
 資金管理の規律に従ってトレードすれば
 損失には十分耐えることができる。

 

 

 そして、損失の恐怖は大幅に和らげられる。

 

 

 そのためには、
 特にトレードを始めたばかりの時期には、

 

 成果として期待する金額を
 現実的な水準にとどめることが必要になる。

 

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

------------------------------------------------

 

 

 

この格言のポートフォリオの約2%とは
リスク許容度のひとつの事例にすぎません
全体としてのリスクが2%だということです。

 

 

多くのトレーダーは、
ひとつのポジションに対して
リスク許容度が2%というふうに

 

この格言よりも、
もっと大きなリスク許容度を
設定していることだと思います。

 

 

損失を怖れながら取り組んでいる人が
とても多いのがFXトレードの実態です。

 

 

でも、この格言にあるように

損失の恐怖を大幅に和らげたいのであれば

 

ポジションサイズを小さくして
トレードをすることが一番の良策です。

 

 

もちろん、

その分だけ勝つ時もそれなりの利益しか
得られない事にはなります。

 

 

初心者や初級者には特に多いのですが
FXはレバレッジが効くから

 

ローリスクハイリターンが
可能だと思っている。

 

 

そんなふうに考えている人は
レバレッジが効こうが効くまいが

 

ローリスクはローリターンであって
ハイリスクはハイリターンなのです。

 

 

アメリカの著名なコンサルタントである
ダン・ケネディの言葉を借りれば、

 

小さい資金からお金を増やすことができなければ
たとえ大きな資金を持っていたとしても
お金を増やすことなどできるわけがない

 

ということです。

 

 

幻想を追い求めるばかりの思考から
現実的な思考へといち早く思考を切り替えて
あとはコツコツと継続していくしかありません。

 

 

いま勝ち組側にいる人は
全員がそのような人たちばかりです。

 

 

もちろん、僕もまったく同じです。

 

 

28年間コツコツと積み重ねてきたからこそ
FXトレーダーとして、そして投資教育者としての
今があるわけですね。

 

 

勝ち続けるため、成長し続けるためには
「コツコツがコツ」なのです。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順