パーフェクトオーダー時のエントリーと決済を簡単に判断する方法/YWCトレードロジック事業部 若尾 裕二

トレンドが発生している状態の

パーフェクトオーダー時だけでしか

仕掛けないようにしているのに…

 

それでも上手く勝ち続けることができない!

 

そのような人には朗報です。

 

パーフェクトオーダー時のエントリーと決済を

インジケーターの矢印で

簡単に判断する方法があるのですが

 

知りたい人は他にいませんか?

 

インジケーターの矢印で売買を判断するから、初心者でも実践可能な方法です

 

いつもありがとうございます。YWCトレードロジック事業部の若尾 裕二です。

 

つい先日、弊社有料サービス会員様より、以下のようなご質問を頂きました。

 

「私は3本の移動平均線(期間は20と60と240)を使ったパーフェクトオーダーを環境認識として、それが完成した時のみしかトレードは仕掛けないようにしています。

 

 相場の状況によってはトレードを仕掛けることができない日もありますが、過去に1分足でのスキャルピングトレードで散々な目に遭っているので、トレード回数は少なくていいと思っています。

 

 つまり、ここぞという時にグランビルの法則でトレードを仕掛けて出来るだけ負けないトレードを心掛けてはいるのですが、正直それでも勝率はあまり良くなくて苦戦をしています。

 

 このトレードのやり方をベースにして何か良い方法はないかと模索をしているのですが。

 

 虫のいい相談で恐縮ですが、アドバイスよろしくお願い致します。」

 

 

実際に、複数の移動平均線を使ったパーフェクトオーダーで、トレードをしている方はたくさんいます。

 

ですが、ここでは詳細は語りませんが、パーフェクトオーダーにもいろいろな形がありますので、パーフェクトオーダーをトレードに有効に生かすことができている人は、実は意外と少ないのです。

 

この事実は、実際にパーフェクトオーダーをひとつの判断基準として、トレードを組み立てたことがある方なら、すぐにお分かり頂けることなのではないでしょうか。

 

また、大きなトレンドに乗れた時には、「パーフェクトオーダーが崩れるまではポジションはキープしたままで…」などと、トレードの書籍や、勝てている人のブログなどを見ると、よくそのようなことが書かれています。

 

ですが、実際のトレードではいかがでしょうか?

 

日中にお仕事を抱えているサラリーマンの方や、家事で忙しい主婦の方など、チャートを見ていられる時間にどうしても制約がある方々がほとんどではないでしょうか?

 

そのような方々は、トレンドが発生している時に悠長にチャートを見続けていられるほど、時間に余裕はないはずです。

 

「だったら、どうすればいいんだろう?」

 

そんな声も聞こえてきそうですが、そのように時間に余裕のない方へ、今回のトレードロジックはぜひともオススメをしたい手法です。

 

 

それでは今回のトレードのやり方について簡潔にお伝え致します。

 

まず、パーフェクトオーダーが発生している時しかトレードは仕掛けません。

 

買いのパーフェクトオーダーの時は買い目線、そして売りのパーフェクトオーダーの時は売り目線です。

 

それ以外の時はトレードは仕掛けません。まずはこれが環境認識のルールです。

 

そして、あるインジケーターを使います。

 

このインジケーターは矢印が出るインジケーターです。

 

買いの時は青い上向きの矢印が、そして売りの時は赤い下向きの矢印がチャート上に現れます。

 

もちろん矢印の色は任意でご変更頂けます。

 

つまり、買い目線の時は上向きの青い矢印が出たら買いでポジションを建てて、そして赤い下向きの矢印が出たら決済をします。

 

売り目線の時は下向きの赤い矢印が出たら売りでポジションを建てて、そして青い上向きの矢印が出たら決済をします。

 

たったそれだけのルールですが、細かく利益を積み上げて行くことが可能なトレードロジックとなっております。

 

なお、一旦出た矢印のサインが点いたり消えたりするようなリペイントはございません。

 

指定したロウソク足の本数分だけ過去のチャート上にも矢印は残りますので、過去のチャートを見てある程度の過去検証をして頂くことも可能でございます。

 

それと必ずこのようなインジケーターを紹介すると質問がきますのであらかじめお伝えしておきますが、矢印が出現をした時のアラート機能やメール送信機能はありません

 

もし、そのような機能に頼って利益を上げていきたいのであれば、この教材のご購入は諦めて頂くしかありません。

 

でも、これだけは覚えておいてください。

 

チャートを見る時間とスキル向上は密接な関係があります。

 

チャートをしっかりと見た時間が長ければ長いほど、スキルは向上していくものです。

 

これはあなたが大人でしたら、いままでの人生を振り返ってこれまでのことをお考え頂ければ、容易にご理解頂けることではないでしょうか?

 

今回ご紹介しているインジケーターに、アラートやメール送信機能を実装していないのは、チャートを見る時間を出来るだけ確保をして、一生涯に渡り利益を上げ続けていくための目を養って頂きたいからだとご認識をください。

 

つまり、今だけではなく、これからも利益を上げ続けるためには楽をすることだけがすべてではないということです。

 

ちなみに今回このインジケーターを使ったトレード手法は、勝率100%といったような夢のようなロジックではありません。

 

やはり相場には勝ちにくい相場というものが存在していますので、損失のトレードで終わってしまうこともあるということは、あらかじめご認識ください。

 

また、インジケーターのシグナルを併用しながら、ご自身の裁量判断を磨いてトレードを組み立てて頂くことも推奨を致します。

 

チャートを見る時間が長くなればなるほど、パーフェクトオーダーにもいろいろな形があることに気が付くことでしょう。

 

それと共にロウソク足の位置関係などの裁量スキルも身についてくれば、格段に勝率を上げていくことは可能になります。

 

インジケーターの入手方法と使い方を、28分52秒の動画で説明しています

 

今回お伝えする手法は、トレンド相場時に、大きな利益幅のハイリターンを狙ったものではなく、しっかりと利益を積み上げていくためのミドルリターンを狙ったトレード手法になります。

 

エントリーしたらすぐに、万が一のための損切り(逆指値)注文は入れますが、利益確定のためのリミット(指値)注文は設定せずに、利食いはシグナルにまかせた成行注文で決済をします。

 

なので、エントリーした後も、ほったらかしのトレードとはいきませんので、チャートを見ているお時間がある時だけトレードを仕掛けて頂ければと思います。

 

なお、トレードに用いる時間足はどの時間足でもかまいません。

 

動画内では5分足チャートを用いて説明をしております。

 

高度なトレードスキルと経験がない人は、最初はこのような簡単なトレード手法をご経験されて、相場に馴染んで頂くこともよいのではないでしょうか。

 

今回収録した動画の方法でトレードすることにより、初心者でも今まで勝てていなかった人でも確実に利益を積み上げて頂くことを期待します。

 

「こんなに簡単なトレードで、利益を確実に積み上げていくトレードが実現できるなんて!」

 

ぜひともこの動画を手に入れて、実際にその驚きと感激を味わって頂くことを、心より願っております。

 

なお、インジケーターは無料のチャートソフトであるMT4(メタトレーダー4)のみで動作するカスタムインジケーターを使います。

 

ですから、MT4以外でのチャートでは判断をすることができない手法になりますので、その点はどうぞご注意ください。

 

手法・ロジック販売教材一覧|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

 

※お支払いはクレジットカード払い(決済代行会社PayPal)もしくは銀行振込にて受け賜わっております。

 

※  投資に係るリスクおよび手数料について

当教材に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証するものではございません。

当教材は教材作成者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。

FX(外国為替証拠金取引)は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、

場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。

YWCトレードロジック事業部

若尾 裕二

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

 

 

【サイト更新日】

Copyright (C) 2020 FX手法・教材|YWCトレードロジック事業部公式ブログ  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。