勝ち組FXトレーダーを育成するためのブログ

 

「もう聖杯探しで疲れ果ててしまったよ」

 

「いろんなインジケーターを試してみたけど

 

 結局はみんな同じようなモノだし結果だし…」

 

 

いやいやちょっと待ってください。

 

だったらインジケーターを

 

使わなければいいじゃないですか!

 

 

インジケーターを使わない高勝率なトレード手法に

 

あなたも興味はありますか?

 

 

インジケーターを一切使わなくても勝てる手法に興味はありますか?

 

つい先日、弊社コンサルティング会員様より、以下のようなご質問を頂きました。

 

『以前にメルマガで「インジケーターを使わなくても通貨の相関関係だけで勝てる方法がある」

 と話されていたのですが、差し支えなければ、その方法を教えて頂けないでしょうか?』

 

 

 

為替相場は、国同士の通貨の強弱関係で値動きが決まります

 

このご質問を頂いたお客様から以外にも、各通貨間の強弱の測り方については、これまでに多くのお客様からもご質問を頂いてきました。

 

FX(外国為替証拠金取引)は通貨の強弱で値が動くのですが、たくさんのトレーダーがそのことを意識せずに、日々トレードをしているのが現状なのです。

 

たとえば、米ドル(USD)/日本円(JPY)の通貨ペアでの取引の場合は、単純に日本円よりも米ドルのほうが強ければ値は上昇しますし、その逆に、米ドルよりも日本円のほうが強ければ(=日本円よりも米ドルのほうが弱ければ)値は下落します。

 

つまり、

「米ドル(USD) > 日本円(JPY)」なら上昇、

「米ドル(USD) < 日本円(JPY)」なら下落

というわけですね。とても単純明快です。

 

取引できる通貨はたくさんありますが、いまどの通貨でトレードを仕掛けたらよいのかという環境認識を行ううえでも、各通貨間の力(ちから)関係はとても重要なのです。

 

ボリンジャーバンドやMACDなどのインジケーターを勉強する前に、まずはFX(外国為替証拠金取引)の中枢でもある各通貨間の力(ちから)関係について、意識を向けることをお勧めします。

 

各通貨間の力(ちから)関係を正しく認識することは、トレードで継続的に勝ち続けるためには必須の知識になるのです。

 

そのことさえしっかり把握することができれば、今回の動画に収録した内容の通りに、インジケーターを使うことなく高勝率でシンプルなトレードを実現することも可能になるのです。

 

 

14分51秒の動画で、重要なポイントを徹底解説!

 

今回は、誰でも通貨の相関関係を正しく認識をして高勝率トレードが可能になるように、『【FX鉄板トレード手法】インジケーター不要シンプルトレード』として、14分51秒の動画に収録させて頂きました。

 

今回の動画には、高勝率な鉄板トレード手法を収録しております。

 

この動画では、非常に勝ちやすい高勝率なトレードポイントを説明しておりますので、理にかなった負けにくいトレードを今後は継続をして頂けることでしょう。

 

トレードで勝つためには、高度なトレードスキルと経験が必要だと思っている人が多いのですが、決してそのようなことはございません。

 

今回収録した動画の方法で、誰でも勝ちやすい相場の状態を知り、動画に収録されたトレード手法をご自身のトレードロジックと組み合わせて頂くことも可能になることでしょう。

 

「通貨の相関関係だけで、こんなに高勝率でシンプルなトレードができるようになるなんて!」

 

ぜひともこの動画を手に入れて、実際にその驚きと感激を味わって頂くことを、心より願っております。

 

なお、動画内では無料のチャートソフトであるMT4(メタトレーダー4)を使用しております。

 

 

 

【サイト更新日】

Copyright (C) 2018 FXトレーダーブログ/YWCトレードロジック事業部公式サイト  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。