MACDインジケーターの使いこなし術を徹底解説 VOL.5

目安時間:約 4分
MACDインジケーター使い方 手法 ロジック 判断 解説

今週の値動きとして今のところは
豪ドルが少し強く推移をしています。

 

※ 豪ドル = AUD

 

 

一昨日7日(火)には
RBA政策金利&声明発表がありました。

 

※ RBA = オーストラリア準備銀行

 

 

市場予想通りで政策金利は据え置きでしたが
その後の声明での今後インフレ率増加との見解を受けて
買いがやや優勢となり推移をしています。

 

 

日本時間10日(金)10時30分には
RBAの四半期金融政策報告もありますので
今週の豪ドルの為替動向には注意を払いたいところです。

 

 

ところで、当ブログ記事で数日に渡り
MACD(マックディー)というインジケーターについて
動画を4本紹介しています。

 

 

これまでの動画は

しっかりとご覧頂けているでしょうか?

 

 

多くのトレーダーがチャートには
複数のインジケーターを表示させています。

 

 

ですが、残念ながら多くのトレーダーが、
自らが使っているインジケーターでさえ
ろくすっぽ使いこなせてはいないのが現状です。

 

 

MACDをチャートに表示させている人たちも
残念ながらそのような人たちばかりです。

 

 

ただ単に2本のラインの交差だけを見ていたり
ダイバージェンスを判断したりしているだけです。

 

 

ダイバージェンスとは逆行現象のことですが
値動きとインジケーターの動きが
逆に動く現象のことです。

 

 

今日は5本目の動画を公開しますが
4本目までをしっかりと見ていないと
当然ですが理解不足で終わってしまいます。

 

 

本日の動画の内容ですが、とても重要な

MACDのヒストグラムについて説明をしています。

 

 

MACDラインとシグナルラインと
このヒストグラムを合わせて判断することによって

とても優位性の高い押し目買いや戻り売りの判断が可能になります。

 

 

このたったひとつの判断だけでも、

押し目買い手法、戻り売り手法として

相場で十分にご活用頂くことが可能なロジックです。

 

 

今日の動画で説明をするような
正しいMACDの使い方を知っている人は
本当に数少ないのが現状です。

 

 

今日の動画はすぐにトレードに生かせる
優位性の高いシグナルとなります。

 

 

5分24秒の短い動画なので
必ずすぐにご覧ください。

 

 

いつまた公開をやめるか分かりませんし
短時間の動画ですから少なくとも

本日中には必ずご覧ください。

 

 

インジケーターMACD の使いこなし術を徹底解説 VOL.5
(収録時間 5分24秒)

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順