インジケーターMACDの使いこなし術を徹底解説 VOL.4

目安時間:約 4分
MACDインジケーター使い方 手法 ロジック 判断 解説

ユーロドルは今年2018年5月29日に
直近の安値を付けてから日足ベースでは
レンジ相場に突入しています。

 

※ ユーロドル = EUR/USD

 

 

先週のアメリカはFOMC政策金利発表と
雇用統計の2つの重要指標発表があり
レンジ下限へと値を下げてきました。

 

※ FOMC = 連邦準備制度理事会

 

 

今週注目すべきポイントは
レンジ下限まで値を下げてくるのかどうか、
そして下げてきた時のレンジ下限での攻防ですね。

 

 

ドル円相場も方向感に欠ける動きになっていますが
やはりユーロドルの動きに影響される部分が大きいので
ユーロドルの動きには細心の注意を払いたいところです。

 

※ ドル円 = USD/JPY

 

 

ところで、これまでに当ブログ記事では
MACD(マックディー)というインジケーターについて
動画を3本紹介いたしました。

 

 

多くのトレーダーが使っているMACDですが
残念ながら有効に使いこなせている人が
とても少ないインジケーターです。

 

 

これまでの動画で、MACDのベースは
EMA(指数平滑移動平均線)であるということ、

 

MACDラインとシグナルラインは
何を示しているものなのかということ、

 

そして、MACDラインの判断について
動画で説明をさせて頂きました。

 

 

今日はVOL.4の動画を公開します。

 

 

本日の動画の内容ですが
シグナルラインについて説明しています。

 

 

そして、MACDで最も活用されている
売買判断について説明をさせて頂きました。

 

 

紙を切るために斧を持ちだす人はいないですし
大木を切り倒すためにカッターを
持ち出す人はいません。

 

 

なぜなら、同じ切る道具であっても
それぞれに役割は異なっていることを
知っているからこそですね。

 

 

インジケーターもまったく同じことが言えます。

 

 

それぞれのインジケーターの役割というものを
しっかりと理解することが出来なければ
当然ながら正しい相場判断を下すことは不可能です。

 

 

今回も4分20秒の短い動画なので
必ずすぐに見てください。

 

 

いつまた公開をやめるか分かりませんし
短時間の動画ですから、
本日中には必ずご覧ください。

 

 

インジケーターMACD の使いこなし術を徹底解説 VOL.4
(収録時間 4分20秒)

 

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【期間限定】Wプレゼント!

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter