連敗することへの対処法

目安時間:約 5分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

トレードを行っていく中で
絶対に避けられないのは損失です。

 

 

特にトレードを始めたばかりの人にとっては
損失はとても大きな心の痛みを
感じてしまうものです。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 トレーダーが規律を失う原因の1つに、
 損失が続いてしまったことが挙げられる。

 

 勝率が低いと、

 損失が長く続く可能性が高くなる。

 

 最高のトレーダーでも、
 その決意と規律が試されるのだ。

 

 (ジェイク・バーンスタイン)

 

-----------------------------------------------

 

 

 

一度の損失や二度の損失ならまだしも
3連敗、4連敗と負けが込んでくると
その後の行動パターンは2つに分かれます。

 

 

トレードを休止する、

 

もしくは

 

熱くなって更にトレードを積み重ねてしまう。

 

 

以前にあるトレーダーから聞いた話ですが
損失が続き熱くなってノートパソコンを
投げ飛ばして壊してしまったことがあるそうです。

 

 

でも、そのように感情がコントロールできない人は
トレーダーには向いていないのかもしれません。

 

 

やはり、損失が続いてしまう時は
トレードをいったん休止することを
強くお薦めします。

 

 

トレードで得られる利益には
相場次第なところがあります。

 

 

儲けようと思って仕掛けても
描いたシナリオ通りに動いてくれないことは
よくあることです。

 

 

でも、損失は自分自身で
ある程度は管理をすることができます。

 

 

一回のポジションで許容する損失量、
一日のトレードで許容する損失量は
すべて自分自身で決めることができます。

 

 

一週間や一か月という期間でも
それはまったく同じことです。

 

 

そのように、

 

許容する損失量を自分自身で決めることを

「損失の定量化」と言います。

 

 

ギャンブル感覚で
トレードを考えているのではなく

 

資産構築、資産運用の手段として

考えているのであれば

 

この損失の定量化は
とても重要な位置付けになります。

 

 

いくらまでなら負けていいのか?

 

 

そのことをしっかりと考えて
トレードの成績がいまひとつ安定しない人は

 

ご自身の損失の定量化を
図るようにしてください。

 

 

戦国時代でも戦に挑むときには
勝つ見込みが高い戦であったとしても

 

優秀な軍師であれば
失う兵力が大きすぎる戦には
絶対に挑むことはしなかったはずです。

 

 

その時に結果として勝つことができたとしても
その後に戦える兵力を残しておくことが
できなくなってしまうからです。

 

 

勝つためには上手に負ける術をまずは覚える。

 

なかなかトレード収益が安定しない人は
ぜひご自身の損失の定量化を
まずは図るようにしてみてください。

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter