勝ち組トレーダーの必勝3ステップ

目安時間:約 5分
勝ち組トレーダーの必勝3ステップ

この記事では、

勝ち組FXトレーダーの必勝3ステップについて、

 

世代最高のトレーダーでもあった

エド・スィコータ氏の格言をもとにして

説明をしていきます。

 

 

 

---------------------------------------------

 

 僕にとって重要なことは、

 

 (1)長期トレンド、
 (2)現在のチャート・パターン、
 (3)裁量の売買のポイント

 

 をつかまえることだ。

 

 

 これらが僕のトレードを構成する
 主な要素なんだ。

 

 そしてずっと下がった四番目の位置に
 ファンダメンタルズがある。

 結局、これでは儲かってはいない。

 

 (エド・スィコータ)

 

---------------------------------------------

 

 

 

エド・スィコータ氏の

トレードを構成する3つの重要な要素ですが
何ら特別なものではありません。

 

 

今でも勝ち組トレーダーが
重要視している要素そのものです。

 

 

まずは、長期トレンドを把握すること。

 

 

つまり、環境認識を
しっかりするということです。

 

 

環境認識とは、簡単に言えば

 

今が買いの相場なのか、
それとも売りの相場なのか、
はたまた待ちの相場なのか。

 

 

そのような
その時々のトレードスタンスを
決定する要因になります。

 

 

スィコータ氏はその後に

 

(2)現在のチャート・パターン、
(3)裁量の売買のポイント

 

を挙げております。

 

 

つまり、

 

(1)から(3)に向かって
マクロからミクロ的な視点へと
徐々に視点を狭めていくということです。

 

 

これは分かりやすく言えば
ビデオカメラのズームアップ

みたいなものですね。

 

 

全体を見渡していて
焦点を合わせたいところに
ズームアップをしていくといった感じです。

 

 

初心者に近ければ近い人ほど
ミクロ視点でトレード手法だけに
こだわる人がとても多いです。

 

 

でも、そもそもマクロ的な視点の
環境認識が疎かになっていれば

 

いくら手法がしっかりしていても
それは宝の持ち腐れになりかねます。

 

 

氷の上を軽やかに滑りぬける
一流品のスケート靴を履いていても
水の上では使いものにはなりません。

 

 

鋭く切れるカッターナイフを持っていても
紙を切ることには使えますが
森の中では使い物にもなりません。

 

 

すなわち、氷の上という環境だから、
紙を切るという環境だから使えるものであって

 

それ以外の似たような環境では
使い物にはならないということです。

 

 

だから、ミクロ的な視点だけでの
トレード手法という判断だけでは

使いものにならないケースも実際には多いのです。

 

 

そう考えると、勝ち組になるためには
いろいろな要素が求められることが
大いに伝わるのではないでしょうか?

 

 

長期安定的に勝ち続けるためには
トレーダーとしての基準をしっかりと
底上げをしていくこと、

 

そして、

トレード戦闘力を上げることが
求められているわけです。

 

 

ぜひトレーダーとして総合力向上を
目指すようにしてください。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順