FXで彼は稼いだが、たった一度の大損失で何もかも失った…

目安時間:約 9分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

アメリカ証券大手リーマン・ブラザーズが
連邦倒産法第11章の適用を申請したのは
2008年9月15日のことでした。

 

 

つまり、

 

あの100年に一度と言われた大暴落相場から
早いものでちょうど10年が過ぎ去りました。

 

 

もちろん、

 

リーマン・ブラザーズの経営破綻が
リーマンショックの端を発したと言われていますが
それよりも以前にいろんな伏線がありました。

 

 

2006年にはアメリカのサブプライム問題が
大きくクローズアップをされました。

 

 

そのサブプライム問題で
フレディマックやファニーメイといった
政府系金融機関の経営破綻もありました。

 

 

金融機関は金融機関でも
民間系の金融機関ではなく
政府系の金融機関の経営破綻です。

 

 

これは世界に衝撃を与えるニュースでした。

 

 

でも、それすらひとつの伏線にしかすぎず
連鎖的に世界規模の金融危機が巻き起こり

 

100年に一度と言われた
あの大暴落相場が起きたのです。

 

 

当時、目の前で見た激しい大暴落は
今でも僕の脳裏にこびりついていますが
まさに恐怖以外の何物でもありませんでした。

 

 

あのような事態は、二度と
起こって欲しくはないものです。

 

 

それでは、今日の相場の格言をお届けします。

 

 

 

-----------------------------------------

 

 彼とはまだつき合っているが、
 彼があの大きな屋敷を失うほどの
 損をしたというのは衝撃だった。

 

 彼は稼ぎ、そして何もかも失った。

 

 たった一度のトレードで。

 

 (ラリー・ハイト)

 

-----------------------------------------

 

 

 

FXはレバレッジ取引が可能な点が
大きなメリットでもある反面、

 

一歩間違えれば奈落の底へと
簡単に突き落とされてしまいます。

 

 

急いで資金を増やそうとして
大勝負に出た経験をお持ちの方は
実際にはとても多いですね。

 

 

大勝負に出た時に勝つことができれば
一気に資金を増やすことができるのですが、
美味しい蜜は人を簡単に狂わせてしまうものです。

 

 

一度、大勝利の味を占めてしまうと
大博打(おおばくち)をやめることができなくなり
また同じように大勝負に出てしまいます。

 

 

そして最終的には大損失を
経験することになります。

 

 

いくらトレードの知識が豊富な人でも
どれだけトレードスキルが高い人でも
何十年も相場を経験してきたベテラントレーダーでさえ

 

確率が100%の勝負でない限りは
絶対に大勝負に出てはいけないのです。

 

 

大勝負で勝利することには
とても中毒性の高い危険な効果を含んでいるのです。

 

 

ポジションサイズを
小さく運用するようにしたら
順調に資金が増えていくようになった。

 

 

すでに勝ち組トレーダーであれば
そのようなことを全員が
経験をしてきています。

 

 

もしポジションを建ててから
あなたの心のドキドキ感が治まらないようであれば
それはポジションサイズが大きすぎる証拠です。

 

 

メンタルの振幅が必要以上に激しすぎると
切るべきところで損切りに躊躇してしまったり

 

もっと利を大きく伸ばせるところなのに
慌てて利食いをしてしまいがちになります。

 

 

つまり、

 

チャートのテクニカルポイントは一切関係なしな
幼稚なトレードを繰り返すことになってしまいます。

 

 

そのようなトレーディングでは
いつまでたってもFXトレーダーとして
成長することはできません。

 

 

FXで一攫千金を目指しているのであれば
大勝負に出ることを否定することはしませんが

 

それで運が良くて大勝ちできたなら
その時点でFXからは足を洗ってください。

 

 

そして、

 

大勝負に出て負けてしまった人は
取り返そうと思う強い気持ちを抱くことになり
だんだんとドツボにはまっていくのです。

 

 

大勝負での一度の負けという経験で
人生を狂わせたくなければ
大勝負には絶対に出ないことです。

 

 

そのような一か八かでの勝利を求めず
決して一攫千金を目指すのではなくて

 

FXを資産運用としての手段として
長期目線で考えている人。

 

 

そのような人で
なかなか資金が思うように
増えていかないのであれば

 

今よりも小さいポジションサイズで
運用することをお試しください。

 

 

そうすることにより、

結果として以前より増して
資金が増えるようになった人は

 

信じられないかもしれませんが
これまでにも非常にたくさんいるのです。

 

 

どちらの道を選ぶのかは自分次第。

 

 

その決断をするのは
あなた自身でしかないのです。

 

 

 

--------
追記
--------

 

 

世の中に自動車の大量生産時代をもたらした

ヘンリー・フォードは、

 

「失敗とは、もっと賢明な方法で

やり直すチャンスである」と言いました。

 

 

トレードにも人生にも失敗は付き物です。

 

 

だから、いかに失敗を避けるかを考えるよりも
失敗したらその後どうするのかを考えることのほうが
大切なことなのではないでしょうか?

 

 

失敗を恐れて足を止めてばかりでは
前に進み続けることはできませんね。

 

 

もちろん、立ち直れないような大きな失敗は
絶対に避けるようにしなければいけません。

 

 

今日であのリーマンショックから10年が経過しましたが

リーマンショックの大相場の凄まじさは

 

こちらの特別に無料公開している動画の方法
一度ご自身で確認をしてみて下さい。

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter