FX相場の環境認識には様々な判断方法がある

目安時間:約 7分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

一昨日20日から通貨単位を10万分の1へと切り下げたデノミを実施したベネズエラですが大混乱が生じている模様です。

 

 

多くのベネズエラ国民が栄養失調に苦しんで、
既に数十万人の規模で南の国境を越えて
ブラジルへ逃亡する国民が急増しているそうです。

 

 

そのため、ブラジル軍が国境の警備強化に乗り出して
国境付近では混迷を極めている模様です。

 

 

日本円で考えれば、10万分の1への切り下げということは
昨日までの10万円が今日からは1円の価値にしか
ならなくなってしまうということです。

 

 

デノミネーションと同時に最低賃金は
3000%引き上げるそうです。

 

 

でも、昨日までの賃金が10万円で
3000%引き上げられたとしたら3億円になりますが

それを10万分の1に換算したら僅か3000円にしかなりません。

 

 

つまり、実質的価値としての賃金ダウン率は97%です。

 

 

しかもIMFは、ベネズエラの物価上昇率が
今年は100万%に達すると予想しています。

 

※ IMF = 国際通貨基金

 

 

10万分の1へと通貨単位を切り下げたとしても
単純計算ではそれでも10%のインフレ率になります。

 

 

年初には1000円で買えた夕食の食材が
年末には1100円になりました。

 

 

年初には5000円で買えた洋服が
年末には5500円を支払わないと
買えなくなりました。

 

 

しかも、賃金は年初よりも97%もダウンしている…。

 

 

考えただけでも、とても怖ろしい状況です。

 

 

「じゃあ、どうして国はデノミを実施するの?」という
単純な疑問が生じる人も多いかと思います。

 

 

それは、国民には大きな負担を強いるものであっても
国家としては、とても大きいメリットがあるからです。

 

 

もしこのデノミのようなことが我々個人でもまかり通るのであれば
たちまち世界経済は破綻をきたすでしょうね。

 

 

知られざるデノミの大きすぎるメリットについては
興味があればこちらの記事でご確認ください。

 

 

ところで、前置きが少し長くなりましたが
先日に投稿したブログ記事では

 

FX相場の環境認識の重要性について

説明をさせて頂きました。

 

 

この相場の環境認識の方法にはいろいろな方法がございます。

 

 

たとえば、以下のように

ローソク足チャートだけで環境認識判断をしているトレーダーもいます。

 

・ダウ理論

 

・プライスアクション

 

・チャートパターン

 

・波動理論

 

 

以下のようなインジケーターを使って
環境認識判断をしているトレーダーもいますね。

 

・トレンド系インジケーター(移動平均線、一目均衡表etc)

 

・オシレーター系インジケーター(RSI、ストキャスティクスetc)

 

 

他にも通貨ごとのパワーバランスで
相場の環境認識判断をしているトレーダーもいます。

 

 

通貨ごとのパワーバランスとは
通貨ごとの強弱関係のことですね。

 

 

実にさまざまな方法で各々のトレーダーが
相場の環境認識判断をしています。

 

 

この相場の環境認識ですが、
より精度を上げた認識をしたいがために
とても複雑に考えすぎてしまう人も多いですね。

 

 

チャートに様々なインジケーターを表示させて
相場の環境認識判断の精度を
高めようとしているのでしょう。

 

 

中には使わないインジケーターまでをも
チャートに表示をさせている人もいます。

 

 

見た目がカッコイイチャートデザインにして
喜んでいる人も多いですね。

 

 

まさにビジュアル系チャートとも言えるべきものですが
ハッキリ言って相場の環境認識の判断には
邪魔になるものでしかありません。

 

 

多くの要素を混ぜ合わすような複雑な判断は
特にまだ満足に勝てていないうちは
絶対におススメはできません

 

 

絵の具の赤色、青色、黄色、緑色などの単色では
その絵の具の色が何色なのかはハッキリと分かります。

 

 

でも、それらの色を混ぜ合わせてしまえば
元の色が何色なのかがサッパリ分からなくなってしまいます。

 

 

もちろん、きれいな色を描き出そうとして
いろんな色の絵の具を混ぜ合わせるのでしょうが
そこに再現性がなければいかがでしょうか?

 

 

同じ色を使って絵を描くことは二度と出来ません。

 

 

トレードもそれとまったく同じことです。

 

 

シンプルな判断だからこそ
再現性を期待することも出来るものですが
複雑な判断では中々そうはいきませんね。

 

FX相場の環境認識を複雑に考えすぎてしまっている人は
今後はどうかご注意ください。

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] そして、水曜日に投稿した記事では 相場の環境認識の様々な方法について説明をしました。 […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter