FXの成功は相場の正しい判断だけによるものではない

目安時間:約 6分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

昨日12日(火)には
史上初の米朝首脳会談が開催されました。

 

 

為替相場への影響はないと踏んで
僕は最初から完全にスルーをしていましたが
思惑通りで具体的な策は何もありませんでしたね。

 

 

やはり今週の最大の注目イベントは
日本時間14日(木)午前3時のFOMCです。

 

※ FOMC = アメリカ連邦公開市場委員会

 

 

注目すべきは、パウエルFRB議長による
今後のアメリカ金融政策の動向に関する発言ですね。

 

※ FRB = アメリカ連邦準備制度理事会

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------------------------

 

  トレーディングの成功は、
 おおよそ正しい判断によるのではなく、

 

 実にその半分以上は損失を厳しく管理し、

 

 利益を上げているトレードを
 そのまま維持することによって
 もたらされるのである。

 

 (ジャック・D・シュワッガー)

 

-------------------------------------------------

 

 

 

FX(為替)トレーダーであるならば

これから上昇するであろうと思えば
買いでポジションを建てて

 

これから下落するであろうと思えば
売りでポジションを建てるはずです。

 

 

上昇すると見込んだ相場を目の前にして
わざわざ売り(ショート)でポジションを建てる人は
いないはずです。

 

 

下落すると見込んだ相場を目の前にして
わざわざ買い(ロング)でポジションを建てる人は
いないはずです。

 

 

でも相場はいつも思惑通りには動いてくれずに
設定した損切り(ストップ)で決済されることは
ごく普通にあり得ることです。

 

 

つまり裏を返せば、
我々FXトレーダーが勝ち続けるためにやるべきこととは
常に正しい判断を下し続けることではないということです。

 

 

もちろん、正しい相場のシナリオ判断が
常に100%の状態で出来るのが理想ですが
半分前後の割合で外してしまう人は珍しくありません。

 

 

だから、むしろ我々トレーダーが
正しい判断を下すことよりも重視しなければいけないことは
トレードコントロールにあります。

 

 

先日のメルマガでお伝えをした
どのポジションを引っ張って
どのポジションに早めに見切りをつけるのか。

 

 

そのようなポジションコントロールも
トレードコントロールの中のひとつですね。

 

 

そして、トレードコントロールとは
ひとつひとつのポジションコントロールだけではなく
己のトレード全体を俯瞰的にコントロールをすることです。

 

 

トレードコントロールを上手にこなすには
やはり経験値は欠かせませんね。

 

 

仕事でも部下をまとめる人数が
増えれば増えるほど役職は上がります。

 

 

スポーツの世界でもチームをまとめるのが
監督という立場の人ですね。

 

 

そしてトレードでは、
己のポジションの総司令官という立場で
トレードコントロールをする必要があります。

 

 

だから、初心者に近い人は
最初から複数の通貨ペアでのトレードは
控えたほうが無難ですね。

 

 

経験値を重ねてコントロールスキル上昇と共に
徐々にトレードを仕掛ける通貨ペアを
増やすようにしてください。

 

 

そしてベテラントレーダーは
総司令官としての経験値を更に積み上げて
熟練したコントロールスキルを磨き上げるようにしてください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順