Add friend

今すぐにチャート分析力を確実に向上させる方法

目安時間:約 4分
今すぐにチャート分析力を確実に向上させる方法

チャートに刻まれているローソク足は
過去の値動きの軌跡です。

 

 

そんなことは敢えてここに書かなくても
もうお分かり頂けていることでしょう。

 

 

でも、多くのトレーダーが
あまり気が付いていないことがあります。

 

 

 

------------------------------------------

 

 劇的だとか感情的に
 なってしまったようなトレードは
 だいたいうまくいったことがない。

 

 僕の一番大きな失敗は、
 ポジションに対して感情的に
 なってしまった後ですぐに起こった。

 

 (エド・スィコータ)

 

------------------------------------------

 

 

 

多くのトレーダーが

あまり気が付いていないこととは、

 

チャートの軌跡とは

値動きの軌跡であると同時に

感情の軌跡でもあるということです。

 

 

つまり、

 

利益に対する昂揚感であったり
損失に対する恐怖感であったり

 

そういうものをチャートは

示しているというわけです。

 

 

そして、多くのトレーダーの

 

昂揚感が一方向に一致した時、

恐怖感が一方向に一致した時に

 

大きな値動きとなって表れるのです。

 

 

つまり、それは

大陽線であったり、大陰線であったり

 

はたまた、長い上ヒゲであったり
下ヒゲであったりするような
値動きの状態になります。

 

 

利益に対する昂揚感や
損失に対する恐怖感が
一方向に一致をしていない時では

 

当然のことながら大きな値動きが
起こるはずはありません。

 

 

なぜならそれは、

多くのトレーダーの感情としては

 

昂揚感も恐怖感も感じてはいない状態
だということになるからです。

 

 

もちろんこの感情論は
ロウソク足の値動きだけに限った話ではなく
インジケーターに対しても同様です。

 

 

それは、移動平均線の傾き具合であったり
オシレーター系指標の振幅であったり
そういうものも同じ原理原則なのです。

 

 

チャートに刻まれているのは
トレーダーの感情の軌跡でもある

 

 

ぜひ、そのような視点を持って
今後のチャート分析に生かしてください。

 

 


Add friend

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

LINE@登録でFX教材無料プレゼント|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順