アメリカ雇用統計発表時はお祭り?

目安時間:約 5分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

 

本日1月6日(金)は、月の第一金曜日なので
アメリカの雇用統計の発表がありますね。

 

 

 

あなたが既にトレード経験者なら
雇用統計発表時に大きな値幅を伴って、

 

上下動する為替チャートを
目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

このように大きな値幅を伴って動く相場を
チャンスだと思ってトレードしようと思っていませんか?

 

 

 

「月に一度のお祭りで、お金をいっぱい稼ごうぜ~!」

 

 

 

そのように考えたことはありませんか?

 

 

 

今宵は確かにお祭りですね!

 

 

 

大きな値幅を伴って上下動するような相場は
絶好の稼ぎ時だと言えるでしょう!

 

 

 

ですが、残念ながらお祭りなのは
我々トレーダー側ではなくFX業者側の話です。

 

 

 

こういうことを書くと、
またFX業者には嫌われてしまいますが
真実だからあなたにも教えますね。

 

 

 

以下の画像を、どうぞご覧下さい。

 

業者名は公にはしませんが
ある国内業者の2016年11月4日21時30分の
キャプチャー画像です。

 

 

 

201611042130

 

 

 

 

通貨ペアの右横に書いてある数字が
その時点でのスプレッドになります。

 

 

 

一番スプレッドが開いた通貨ペアは
日本国内ではマイナーな取引通貨ペアの
英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)です。

 

 

 

なんと70.0pipsも開いていますね!

 

 

 

つまり、その時点で70.0pipsの範囲内に
ストップ(逆指値)注文を入れているトレーダーは
根こそぎ刈られてしまうということになります。

 

 

 

一番スプレッドが狭い通貨ペアの
米ドル/日本円(USD/JPY)でさえ
14.9pipsもスプレッドが開いています。

 

 

 

ちなみに以下は、本日1月6日11時13分時点の画像ですが
ご覧頂ければわかるように、
通常は0.3pipsのスプレッドの業者です。

 

 

 

201701061113

 

 

 

これが、重要な経済指標発表時の実態です。

 

 

 

まさにFX業者にとっては、今宵はお祭りですね!

 

 

 

FX業者によってスプレッドの開きには
もちろん差はあることは事実です。

 

 

 

なので、あなたが普段使っているFX業者の
重要な経済指標発表時のスプレッドの開きは
しっかりとご自身の目でご確認下さい。

 

 

 

あまりにも無防備に、
トレードをしている人が多すぎます。

 

 

 

トレードは、防御なくして勝利なしです。

 

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter