100%勝てるポイントは存在するのか?

目安時間:約 4分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

今週のドル円相場は
週明けに大きく下方向へ窓を開けました。

 

 

開いた窓は埋めてくるということを
耳にしたことがある人は
多いのではないでしょうか?

 

 

でも、窓の開き方は分類すると
4つの開き方があるんですね。

 

 

その後の相場にほとんど影響を与えない
窓の開き方がごく一般的な開き方ですが
方向性を決定づける開き方もあるわけですね。

 

 

相場は知れば知るほど奥が深いものです。

 

 

だから、知識として知るだけではなく
いろいろな相場の値動きを経験することは
とても重要なことですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------

 

 確実ではないからこそ投機が成り立つ。

 (リチャード・D・ワイコフ)

 

--------------------------------------------

 

 

 

僕のトレードの原点は、
方眼紙に書いた手書きのチャートです。

 

 

今の時代では考えられないことですが
26年前はパソコンやインターネットなどが
普及をしていませんでしたからね。

 

 

今は無料でチャートを見ることが出来て
様々なインジケーターを誰でも簡単に
表示をさせることが出来ます。

 

 

僕自身も手書きチャートをやめてから
いろいろな便利なインジケーターを
深く研究した過去があります。

 

 

だから、これまでに80教材ほどの
インジケーターを使ったトレード教材を
販売してきたわけですね。

 

 

そうやって26年間トレードを経験してきましたが
いまだに分からないことがあります。

 

 

それは確実に勝てるポイントですね。

 

 

もし、そういう確実に勝てるポイントが存在するなら
相場自体は既に消滅をしているはずです。

 

 

需要と供給のバランスで
相場が成り立っているわけですからね。

 

 

だから、負けるトレードがあっても
何ら不思議なことではないのです。

 

 

確実ではないからこそ、損失は最小限に
抑える努力をしなければなりません

 

 

そのことを意識して取り組むだけでも
トレードパフォーマンスは
かなりの改善を図ることが出来ますからね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順