支持線と抵抗線の間違った活用法

目安時間:約 6分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

今週は17日(水)午前9時時点では
ユーロドル(EUR/USD)は上昇、
ドル円(USD/JPY)は下落で推移しております。

 

 

つまり、ユーロ(EUR)も円(JPY)も
今のところはドル(USD)に対して強いという
パワーバランスで推移をしています。

 

 

ならばユーロ(EUR)と円(JPY)の
パワーバランスはどうなの?ということですが
甲乙つけ難しの状態ですね。

 

 

FXトレードでは通貨の強弱関係、
すなわちパワーバランスはとても重要ですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

 支持線の間違った活用法は、
 株価が支持線まで下落したときに、

 

 その支持線が本物であるという価格の確認を得ることなく、
 ロングを仕掛けて底値あさりを行い、
 その水準が持ちこたえられるよう祈ることだ。

 

 抵抗線の間違った活用法は、
 株価が抵抗線まで上昇したときに、

 

 下降トレンドの確認を得ることなく、

 価格水準が持ちこたえられるという期待に基づいて
 ショートを仕掛けて天井あさりを行うことだ。

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

 

支持線とはサポートライン、
抵抗線とはレジスタンスラインのことですね。

 

 

支持線で買い、抵抗線で売るというのは
レンジ相場では有効的な戦術になります。

 

 

そのようなレンジ相場時でのトレードのことを
トラップトレードと言います。

 

 

ですが、このトラップトレードが
すべての相場に当てはまるほど
相場は単純ではありません。

 

 

上昇トレンドの相場時では、
支持線も抵抗線も徐々に切り上がっていきます。

 

 

下落トレンドの相場時では、
抵抗線も支持線も徐々に切り下がっていきます。

 

 

そして、どちらかのトレンドが発生している状態でも
その途中途中でレンジを挟みながら推移をしていきます。

 

 

もっと言えば、トレンドが転換する時にも
このレンジ相場が発生することが多いですね。

 

 

V字回復などは滅多にはありません。

 

 

上がったから下がるとか、下がったから上がるとか
そういう単純な考え方ばかりをしているうちは
なかなか思うような利益を継続して得ることは難しいですね。

 

 

それでは、トレンドの中休み状態、トレンド転換時の気迷い状態、
今のレンジ相場がそのどちらの状態にあるのか
どうやって判断すれば良いと思いますか?

 

 

それはやはり、
より大きな時間足でのチャートを
確認するようにしてください。

 

 

いま見ている支持線や抵抗線は
上位時間足でのチャートでは
どういう水準にあるものなのか?

 

 

いま見ているレンジ状態の値動きは
上位時間足でのチャートでは
どういう水準にあるものなのか?

 

 

もっと言えば、
インジケーターを使って
トレード判断をしている人。

 

 

そういう人は、

 

いま見ているインジケーターの状態は
上位時間足でのインジケーターは
どういう状態になっているのか?

 

 

常にそのような判断を
心掛けるようにしてくださいね。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順