大損失に備えた保険

目安時間:約 5分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

今週のドル(USD)絡みの指標発表は
日本時間21日(木)22時30分の
アメリカ第3四半期GDPに注目をしたいですね。

 

 

ポンド(GBP)絡みの指標発表は
日本時間22日(金)18時30分の
イギリス第3四半期GDPに注目しておきたいところです。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

------------------------------------------------------------

 

 数ポイント離してストップ注文(逆指値)を置くのは、
 はずれた場合の大損失に備えた保険である。

 

 (リチャード・D・ワイコフ)

 

------------------------------------------------------------

 

 

 

トレードを執行するにあたって
我々トレーダーが最も有利だと思われるポイントは
やはり損失を限定できることですね。

 

 

トレードを仕掛ける以前から
あらかじめ損失額を限定できるということです。

 

 

もちろん、思わぬスリッページや
窓を開けて動くような相場に引っ掛かってしまい
予定した損失額を上回ってしまうこともあります。

 

 

でも、そういうイレギュラーケースを除けば
大体は決めた範囲内での損失額で抑えることは可能ですね。

 

 

ですが、損失はどこまで被るか分からない
というようなトレードをしているトレーダーも
相場には確実に存在をしていますね。

 

 

保有しているポジションが大幅な含み損を抱えてしまい、
決済した場合に損失が大きくなりすぎるため、
決済したくても決済できない状態。

 

 

そのような塩漬けを
経験してしまう人が後を絶ちません。

 

 

そうなってしまえば、損失を埋め合わせるために
トレードを繰り返すようなもので
とても利益を上げられる状態ではありませんね。

 

 

損失をあらかじめ決めることは
長期的に利益を上げ続けるためには欠かすことができない
トレードの基本中の基本事項です。

 

 

それができないうちは、ハイレバレッジを利かせた
大きすぎるポジションサイズでは
絶対にトレードは仕掛けないようにしてください。

 

 

いつも書いていますが
トレードは「防御なくして勝利なし」ですからね。

 

 

 

 

------
追記
------

 

昨日は長男が通う大学の
吹奏楽部の定期演奏会を鑑賞するために
渋谷まで出掛けてきました。

 

 

渋谷駅のハチ公口近辺の階段は
ものすごく混みあっていましたが
田舎育ちの僕はいまだに人混みが苦手です。

 

 

トレードでも人混みのようなレンジ相場で
盛んに勝負しようとするトレーダーも多いものです。

 

 

まさに人混みはレンジ相場と同じで
簡単には前に進ませてはくれませんね。

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter