多くのトレーダーが見逃している重要事項

目安時間:約 7分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

先週の相場が引けてからの週末に
米英仏3か国によるシリアへの軍事攻撃がありました。

 

 

今のところ(16日10時現在)は
リスク回避の円買いの動きは
特に目立ってありません。

 

 

ですが、今週の相場はいつも以上に
神経質な相場になりそうな予感です。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

 

  トレードのスタイルが自分に合っていなければ、
  長期的に利益を上げていくことはほぼ不可能だろう。

 

  (アル・ブルックス)

 

---------------------------------------------------------

 

 

 

会社から受け取る給料のほかに
収入を得たいからトレードをしている人は
世の中にたくさんいます。

 

 

もっとも世の中のほとんどのトレーダーは
専業トレーダーではありません。

 

 

専業トレーダーの比率はトレーダー全体の中で
僅か0.1%と言われています。

 

 

だから圧倒的にトレードの収入は
プラスアルファの収入である人が多いです。

 

 

仕事を終えてからの帰宅後に
眠い目をこすりながらトレードを
日々繰り返している人も多いですね。

 

 

ですが、自分自身の生活スタイルを
大きく崩してまでトレードをする必要が
本当にあるのでしょうか?

 

 

仕事を終えて疲れているのに
チャートに向かい合っている時間が長い。

 

 

もし、そのようなトレードスタイルで
日々のトレードを繰り返しているのなら
一度じっくりと考え直して頂きたいですね。

 

 

そのようなトレードを
この先ずっと続けていけるでしょうか?

 

 

目先の利益を上げることに一生懸命でも
長く継続できないトレードのやり方であれば
結局は資金を増やし続けることはできません。

 

 

ほとんど多くのトレーダーが
将来的には続けていけないやり方で
トレードに日々励んでいます。

 

 

アルバイトやパート的な収入のようなもので
続けられなければ収入は途絶えてしまいます。

 

 

どれだけの時間、チャートに向き合えたのか?

その時間により収入が異なるような
トレードのやり方だというわけですね。

 

 

短距離走のスピードで
長い距離を走り続けることができませんが
そういうトレードのやり方だということです。

 

 

そうではなく、自分自身が会社に行っていようが
夜ぐっすりと寝ていようが
そういう時にもしっかりと稼いでくれる。

 

 

いわばアルバイト的な収入ではなく
不動産家賃のような権利的な収入を
トレードでも目指すべきですね。

 

 

つまり、チャートに向き合っている時間に関係なく
しっかりと利益を積み上げていけるような
そういうトレードのやり方を目指すべきです。

 

 

ゆっくりでも走り続けられるようなやり方のほうが
当然に長続きをさせることが可能ですね。

 

 

チャートを見ている時しか利益が上げられないやり方では
肉体的にも精神的にもすぐに疲弊してしまいます。

 

 

具体的に言えば、短い時間足でのトレードではなく
長い時間足でのトレードのほうが負担は少ないということです。

 

 

将来的な資産構築を考えてトレードをするのであれば
自分自身が負担なく継続をしていけるようなトレードスタイルを
まずは真っ先に検討するようにしてください。

 

 

 

------
追記
------

 

今日も日本赤十字社へのクリック募金へ
ぜひともご協力をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順