仕掛けで最もよく見かける2つの失敗

目安時間:約 5分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

本日9日は体育の日で祝日ですが
いつも通りで為替相場は開場しています。

 

 

アメリカはコロンブスデー(コロンブス記念日)で
米国連邦政府の法定祝日なのですが、
一部の州では休日とはなっていません。

 

 

これはコロンブスデーを認めない州があって
少し複雑な事情があるからなのですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

---------------------------------------------------

 

 仕掛けで最もよく見かける2つの失敗は、
 理想的なエントリーポイントを超えた銘柄を
 深追いすることと、

 

 エントリーポイントに向かう動きに
 先回りしてしまうことだ。

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

---------------------------------------------------

 

 

 

まさに今日の金言は、トレードあるあるですね。

 

 

仕掛けポイントを見逃してしまい
値動きがもっと進んでいるにも関わらずに
不利な価格で飛び乗りエントリーをしてしまうこと。

 

 

まだ仕掛けのシグナルが確認できていないのに
先走りの想像力で先回りしてエントリーしてしまうこと。

 

 

そのような経験をしたことはありませんか?

 

 

仕掛けポイントを見逃してしまったのなら
次の仕掛けチャンスをまた探して待つこと。

 

 

仕掛けのシグナルがしっかりと確認できるまで
下手な先入観は捨てて、シグナルがしっかりと
確認できるまで待つこと。

 

 

口で言うのは簡単ですが、
それができない人はとても多いのですね。

 

 

両方ともに言えること、
すなわちキーポイントは「待つ」ということです。

 

 

相場を振り返ってみて、

 

「ここでチャートを見ていることができたなら
簡単に仕掛けて勝つことが出来た!」

 

などと後講釈を垂れる人はとても多いですね。

 

 

でもそれは、実際に実現しなければ
トレードでお金を増やすということから見れば
まったくもって意味のないことです。

 

 

我々トレーダーは、過去の相場からは
お金を稼ぎだすことができませんからね。

 

 

待つことができないトレーダーは
実際にそういう場面が訪れても
待てずに不利な状況で仕掛けてしまうものです。

 

 

トレードがいまいち上手くいっていない人は
今後はこの「待つ」という行為を
しっかりと意識してトレードに励んでください。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

『総額43,600円+プライスレスなFX教材』を期間限定にて無料でプレゼント!

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

日本赤十字社へ月間INポイント数と
同金額の寄付を継続しています。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順