メンタルの鍛え方

目安時間:約 4分
負けトレードが続く時のメンタルの保ち方|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

FXは取引に必要なお金をFX業者に入金をして、そのお金が証拠金となって、実際にレバレッジを掛けたリアルトレードができるようなります。

 

 

レバレッジの利かせ方によっては、あっという間に資金が膨らむ反面で、下手をすればあっという間に大きな損失を計上してしまうことにもなります。

 

 

レバレッジの利かせ方とは、具体的にはポジションサイズの大小になりますが、当然にしてサイズが大きい時はレバレッジも大きくなり、サイズが小さい時はレバレッジも小さくなります。

 

 

実際のFXトレードを経験すれば感じることですが、FXを始めたばかりの頃は結果に一喜一憂をしてしまいがちです。

 

 

仕掛けたトレードで、利益確定できれば喜んで、損失を計上してしまえば凹みます。

 

 

そして、徐々にトレード経験回数が増えてくると、一度の仕掛けでの大きな損失を経験してしまったり、時には連敗してしまうトレードを、幾度となく経験をすることになります。

 

 

その時にトレーダーが感じることが、心への大きな負担です。

 

 

実際のお金を使ってのリアルトレードを始めたばかりの頃は、ワクワクドキドキ感が強いものです。

 

 

でも、トレード経験が増えて、一度の大きな損失であったり、連敗する経験を積んでくると、心に大きな負荷が掛かっていることに気が付いてくるのです。

 

 

それを一言で表現すれば「精神的にきつい!」という心の感覚です。

 

 

人により、その心の感覚に耐えられなくて、一度の大損失や連敗を経験して、すぐにFXをやめてしまう人もいるくらいです。

 

 

それは、金銭的に余裕が無くてFXをやめてしまうということではなく、精神的に耐えられなくなってやめてしまうという場合がほとんどですね。

 

 

その反面、「精神的にきつい!」という心の感覚を覚えながらも、FXでがんばってお金を増やしていきたいという欲望のほうが勝り、やり続ける人もいます。

 

 

でも、やり続ける道を進んだものの、思うような結果にならないトレードが圧倒的に多くて、とても辛いと感じることのほうが多くなってきます。

 

 

その時に多くのトレーダーが思うことは、「メンタルが弱い。メンタルをもっと鍛えなくちゃ!」ということなのです。

 

 

多くのトレーダーがFXを継続していく中で頭を悩ませているのが、メンタルの保ち方であり、メンタルの鍛え方についてです。

 

 

そのため、「負けトレードが続く時のメンタルの保ち方」というテーマで、弊社では以前に動画を収録しています。

 

 

こちらの動画は、普段は有料教材として販売をしているものですが、特別に期間限定で無料公開します。

 

 

メンタルの保ち方について悩みを抱えている人は、無料公開しているうちに、ぜひお早めにご覧ください。

 

 

 

 

YWCトレードロジック事業部の公式無料メールマガジンを読んでみませんか?

「誰でも再現可能な簡単シンプルルールのFX手法を教える専門家」が、長期継続的かつ安定的に稼げるFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。
(※ 発行曜日は月・水・金)

FXトレードに役立つレポートや動画のプレゼントも不定期ですがございますので、今すぐにこちらよりご登録をぜひともよろしくお願い致します。

【重要】弊社メルマガの配信スタンスについて

無料メルマガ登録|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【期間限定】Wプレゼント!

【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】こちらから

若尾裕二のセミナー講演会|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

 

相場歴28年のFXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

【キーワード検索】こちらから
【記事のカテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順
【公式】Facebookページ
【公式】Twitter