トレードはギャンブルと同じ?

目安時間:約 5分
FXトレーダーブログ/YWCトレードロジック事業部

今週は日本時間14日(木)に

 

午前4時にアメリカFOMC政策金利発表、
午後9時30分にイギリスBOE政策金利発表
午後9時45分に欧州ECB政策金利発表があります。

 

※FOMC 米国連邦公開市場委員会
※BOE イングランド銀行
※ECB 欧州中央銀行

 

 

同日にスイスSNB政策金利発表も控えており
各国の要人発言もたくさん予定されています。

 

※SNB スイス国立銀行

 

 

クリスマス休暇前に大きな動きに
つながってくれればいいですね。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

-------------------------------------------------------

 

 多くの人はトレードをギャンブルだと考えている。

 

 僕は二十年間ずっと勝ち続けてきた
 フロア・トレーダー達を知っている。

 

 それをギャンブルとは言えないだろう。

 

 (マーク・ワインスタイン)

 

-------------------------------------------------------

 

 

 

トレードで一攫千金を夢見る人たちは
とても多いですね。

 

 

一攫千金とまではいかなくても

何かのトレード手法の教材を購入して

勝率が常に高い状態を期待して

 

損失をほとんど被ることなく
順調に資金を積み上げていくことを期待する。

 

 

そのように考える人は後を絶ちません。

 

 

一気に資金を増やすことができた人も
相場の世界では実際には存在しています。

 

 

たいていそういう人は欲を重ねてしまい
稼いだ利益と同じかそれ以上を
結局はまた失うことになってしまいます。

 

 

逆に大きな資金を投入して一瞬にして溶かしてしまい
絶望に打ちひしがれた人も
相場の世界ではたくさんいます。

 

 

そのように、相場に深く関われば関わるほど
期待と欲望を常に満足させてくれるような状態は
長続きはしないことを身をもって体験します。

 

 

もちろん僕も26年間の相場経験の中で
そのような経験を繰り返した過去があります。

 

 

大切なことは、そのような体験をした後です。

 

 

あきらめて尻尾を巻いて逃げ出してしまうのか
それとも踏みとどまってやり続けようとするのか。

 

 

もちろん、同じやり方を繰り返すだけでは
結局は同じ結果を繰り返すだけになってしまいます。

 

 

うまくいかなかった原因をしっかりと考えて
それに対策を施しながら成長していくしか
相場で生き残る道はありませんね。

 

 

つまりは相場で長期的に勝ち続けるためには
正しい心構えと経験値は欠かせないということです。

 

 

それはトレードの世界に限定した話だけではなく
何の分野においても全く同じことが言えますね。

 

 

勝ち方が知りたいという要望はとても多いのですが
その土台となる部分を軽んじている限りは
トレードも含めて大成は期待できないということです。

 

 

 

FXトレーダーブログ公式発行の無料メルマガ「秘密の手紙」を読んでみませんか?

長期継続的かつ安定的に稼ぐFXトレーダーになるための秘訣を、週に3回無料で配信をしています。(発行曜日は月・水・金となります。)

FXトレードに役立つ無料レポートや無料動画のプレゼントも不定期ですがございますので、こちらより無料登録をぜひともよろしくお願い致します。
FXトレーダーブログ/無料メルマガ「秘密の手紙」

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【期間限定】完全無料公開!

FXトレーダーとして社会貢献を

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

「FXトレーダーブログ」運営者

FXトレーダーふぃぼなっちことYWCトレードロジック事業部の若尾 裕二

 

相場歴28年FXトレーダー 若尾 裕二

⇒ お問い合わせはこちら

ブログ記事カテゴリー
ブログ内記事検索はこちら
過去記事/FXトレーダーブログ
メニュー/FXトレーダーブログ
人気記事/FXトレーダーブログ
公式Facebookページ
公式Twitter