トレードの損失に慣れる唯一の方法

目安時間:約 4分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

月日が流れるのは早いもので
1月も最終営業日を迎えました。

 

 

月足ロウソク足の形状が気になるところですが
深夜にFOMC政策金利発表が控えておりますので

どういう形でロウソク足が確定するかまだ分かりません。

 

※ FOMC = 連邦公開市場委員会

 

 

そして、いよいよイエレンFRB議長の
4年間の任期満了が2月3日に迫ってきており、

次期議長はパウエル氏になります。

 

※ FRB = 米連邦準備制度理事会

 

 

アメリカ以外の先進国でも
女性が中央銀行総裁を務めた事例は
過去にはありませんでした。

 

 

それだけに現イエレン議長就任時には
女性初ということで大きな話題となりましたが
あっという間の4年間でしたね。

 

 

その功績は、大変に大きなものであったと
個人的にも感じております。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 トレーダーがトレードの損失というものに慣れる唯一の方法は、
 ほとんど無意識のうちに損切りする規律を身につけながら
 何度も損を経験することなのだ。

 

 (ジョッシュ・リュークマン)

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

 

特にトレードを始めたばかりの人は
いかにお金を儲けるかということばかりに
頭が行ってしまいがちです。

 

 

そのために少しの損失も出したくないと考えて
損切りを必要以上に嫌がる傾向が強いですね。

 

 

損切りが下手な人、というか、
損切りがしっかり出来ていない人で
相場で生き残れる人は皆無です。

 

 

決めたところでしっかりと
損失を確定できるようになれて初めて
お金を稼ぐというステージに移行できます。

 

 

今はスキーシーズンですが
スキーだって一番最初は滑り方ではなく
転び方を教わりますよね?

 

 

転ぶときは谷側に向かってではなく
山側に向かって転ぶように意識をする。

 

 

これも大怪我をしないためのリスク管理ですね。

 

 

トレードでもまったく一緒で
大怪我をしないためのリスク管理のひとつが
決めたところで切る正しい損切りなのです。

 

 

損切りが難しいと言っているうちは
トレーダーとしては、まだまだまだな段階です。

 

 

損切りよりも利食いのほうが
よほど難しいものですからね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順