トレードで利益を上げるために大切なコツ

目安時間:約 4分
無料メルマガ|FXトレーダーブログ|YWCトレードロジック事業部

昨日15日(火)は日本時間21時30分発表の
アメリカ小売売上高が予想値よりも高くて
米ドルは上昇方向へ反応しました。

 

 

今宵は日本時間17日(木)午前3時に予定されている
7月25日・26日開催分のアメリカFOMC(連邦公開市場

委員会)議事録公表に注意をしておきたいところです。

 

 

それでは、今日の金言をお届けします。

 

 

 

-----------------------------------------

 

 私はいつも儲かった場合ではなく、
 損した場合のことを考えている。

 

 (ポール・チューダー・ジョーンズ)

 

-----------------------------------------

 

 

 

トレードをしている人の多くは
いつも利益を上げることばかりを考えています。

 

 

ポジションを持たなければ儲からないと
常々考えている人はその典型例ですね。

 

 

そのために損失のトレードが続いても
失った資金をすぐに取り返そうとして
勇猛果敢に相場に挑み続けるのです。

 

 

でも、よく考えて頂きたいことは

 

損失のトレードが続いているということは

その時の相場の値動きがあなたのやり方に合わない相場

 

だということです。

 

 

そういう時はどうすればいいのでしょうか?

 

 

その時は無理にトレードをしようとはせず
様子見を決め込むことですね。

 

 

ひとつのトレード手法で
トレンド相場もレンジ相場もすべて
利益を上げられる手法はありません。

 

 

トレンド相場を得意とするロジックもあれば
レンジ相場を得意とするロジックもあります。

 

 

連敗が続く場合は、相場の値動きが
あなたのロジックが苦手とする相場だということです。

 

 

毎日コンスタントに同じように
利益を上げることは理想かもしれませんが
いつもトレードを仕掛ける必要などないのです。

 

 

得意な相場だけを相手にする

 

 

そのことは、長く安定して利益を得続けるためには
基本的ですが、とても重要な考え方ですね。

 

 

トレード資金の目減りをある程度に抑えていれば
多少下手くそでも、そのうちトレード資金は
確実に増えていきますからね。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
【社会貢献】ご協力ください!

 
 

あなたの【一日一回のクリック】が
募金として社会貢献
になります。
 

毎月1日時点の月間INポイント数と
同金額を
日本赤十字社へ寄付します。
 

過去の寄付実績

【お問い合わせ】
【掲載記事キーワード検索】
記事の【カテゴリー】一覧
【人気記事】ランキング順
【過去記事】投稿日順